いっしょにとれーにんぐのあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,469件

いっしょにとれーにんぐ

3.553.55
映像
4.50
ストーリー
1.00
キャラクター
4.00
声優
4.50
音楽
4.25
感想数
2
観た人
2

いっしょにとれーにんぐのあらすじ・作品解説

「いっしょにとれーにんぐTRAINING WITH HINAKO」 は2009年4月24日に発売されたOVA(オリジナルビデオアニメーション)である。販売はプリマステアで、定価は2000円(税別)である。 本作品はタイトルの通り、筋肉トレーニングのエクササイズのやり方を収録したものであり、3次元ではなく2次元の美少女キャラクターが出てくるアニメーションによって構成されているのが特徴だ。 内容は腹筋、腕立て伏せ、スクワット、カウントなどが収録されている。 シリーズ内の登場人物はおもにひなこ、ひよこ、ことり、つばさの4人である。 メディアミックス化はあまりされていないが、スマホアプリやグッズなどが展開されている。なお本DVDの出荷数は3万枚を超えており、本作に続いて同シリーズのOVA作品である快眠&目覚まし用のアニメーション「いっしょにすりーぴんぐ」、お風呂用の「とれーにんぐ026(おふろ)」が発売されている。

いっしょにとれーにんぐの評価

総合評価
3.553.55
(2件)
映像
4.504.50
ストーリー
1.001.00
キャラクター
4.004.00
声優
4.504.50
音楽
4.254.25

評価分布をもっと見る

いっしょにとれーにんぐの感想

投稿する

アニメ制作された意図が!?

トレーニングメニューの考察本編において、物語性と呼べるものは一切ありません。潔く、一切のストーリー性が省かれて制作されているアニメーション作品です。ただ、10~15分という時間のトレーニングに絞った内容といえるので、映像を流しながら筋トレするのに適しているのかもしれません。しかし、その内容の割には、トレーニングメニューは、腕立て伏せ、腹筋、スクワットの3種類のみで構成されています。そして、回数設定も基本的には12回の設定であり、男性向けの内容としては物足りないメニューなのではないでしょうか。女性向けであったとしても、主人公「ひなこ」のナイスバディーぶりを強調する映像は受け入れられるものではないと考えられます。本来のターゲット層として、ナイスバディーの主人公「ひなこ」を押し出した内容は、男性向けのものなのだと考えられます。しかし、回数設定が軟弱過ぎることから、本気でエクササイズやトレーニ...この感想を読む

3.63.6
  • つくもつくも
  • 19view
  • 3083文字
PICKUP

いっしょにとれーにんぐに関連するタグ

いっしょにとれーにんぐを観た人はこんなアニメも観ています

いっしょにとれーにんぐが好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ