家なき子のあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,143件

家なき子

4.504.50
映像
4.00
脚本
4.75
キャスト
5.00
音楽
4.25
演出
5.00
感想数
2
観た人
7

家なき子のあらすじ・作品解説

家なき子は、1955年4月7日から同年9月28日まで、NHKの「連続シルエット」枠で全26回に分けて放送された、影絵による劇作品である。 19世紀のフランス児童文学の名作の一つであるエクトール・アンリ・マロの「家なき子」が原作となっていて、日本初の現代影絵の専門劇団である、劇団かかし座により演じられ、語り手を加藤幸子が、レミの声を花井満が、ドリスコルの声を川久保潔が演じている。 主人公である少年レミが、別れた母親にめぐり合うまで、さまざまな人と出会い、多くの苦難と波乱に満ちた旅を通して成長して行くというストーリーである。 2003年1月には、テレビ放送された人形劇の年代記とも言えるDVDが、「NHK人形劇クロニクルシリーズ」として発売され、その中の一作品として同作品が収録されたほか、NHKの1950年代から60年代頃に放送された代表的な子供番組を集めた「なつかしの子ども番組グラフィティー」シリーズの「夕方セレクション1」にも収められ、発売されている。

家なき子の評価

総合評価
4.504.50
(2件)
映像
4.004.00
脚本
4.754.75
キャスト
5.005.00
音楽
4.254.25
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

家なき子の感想

投稿する

相沢すずから学ぶ生きていくということ。

衝撃を受けたセリフ'同情するなら金をくれ'私はこの作品を見た時にいつまでも心の中に残っている言葉があります。”同情するなら金をくれ!”この強くもたくましい言葉は小学生が発した言葉です。せつなく、強く、自分が生きていくためにはこれくらいの強さがないと生きてはいけないだろう、きっと、すずの頭の中はこんな気持ちだったに違いない。すずはいつも1人ではない、側に犬がいます。すずの支えになってくれた存在でした。学校へ登校する前にすずは靴磨きをしてお金を得ていました。世間の目はすずを哀れんでみていました。そんな大人達に向けて精一杯の力で叫ぶのです。”同情するなら金をくれ!”同情するくらいだったらお金を下さいと。同情して可哀想と感じるのなら、哀れむなら、私を助けて下さいと。心の底から助けてくれと叫ぶのです。お金を下さいと。こんな真っ直ぐな悲しい叫びが、大人達に向けられます。作品を通して、テレビ画面の当時小...この感想を読む

4.54.5
  • りかりか
  • 157view
  • 2048文字
PICKUP

同情するなら金をくれ!

流行語大賞になるほど非常に世間をにぎわせた作品です。安達祐美さんの「同情するなら金をくれ!」というシーンは何回放送されたことか。というくらい非常に多く放送されました。私の当時住んでいた地域は、非常に貧富の差が激しく、地元民は生活保護を受けている人が大半。私の家を含め、移住してきたものの多くは比較的裕福な家が多い、そんな地域でした。そのため、移住してきたものたちはカツアゲにあったり、いじめにあうなんて日常茶飯事。また、両親がアル中や薬物中毒者なんて言う家もあったくらいです。正直この作品を見るまで、そんな同級生などにあうのが嫌で登校拒否をするなどといったことで避けることしかできませんでした。でも、この作品に出会い、みんな必死に生きているんです。もちろん、主人公である相沢すずがやった盗みや養父殺害計画などは許されるものではありません。でも、そのときのすずにとってはそれが精いっぱいだったんだと...この感想を読む

4.54.5
  • べりあんべりあん
  • 35view
  • 504文字

家なき子の登場キャラクター

相沢すず

よみがな:あいざわすず 生年月日:1982年5月 年齢(作品時):小学校6年 性別:女 国籍:日本 住まい:川崎市 性格:考え方が大人びており、人の卑しい本性を見抜く鋭い観察眼を持ち合わせている。 ポリシー:リュウと共に強く生きていく決意をした。 特徴:病身の母のため、盗みや悟志の殺害などを企てるが、さまざま...

相沢悟志

よみがな:あいざわさとし 生年月日:1955年5月27日 年齢(作品時):39 血液型:O型 体重:77 星座:双子座 性別:男 国籍:日本 所属:阪口京子事務所 趣味:読書 好きな食べ物:きつねそば

相沢陽子

よみがな:あいざわようこ ニックネーム:よっこ 血液型:O 身長:160 性別:女 国籍:日本 住まい:東京 性格:温厚 趣味:映画 好きな食べ物:芋 嫌いな食べ物:豚肉

キャラをもっと見る(7件)

家なき子の名言

負けるんじゃないぞ!お前は雑草になるんだ。踏まれても踏まれても生えてくる雑草にな!

田畑光江

ババァが逮捕され、別れの時。

簡単に人を信用するな。特に、自分を信用しろという人間をな。

黒崎和彦

オーストラリアへいく黒崎が、すずとの別れのとき最後に言った言葉。

泣くんじゃないよ!泣いてる暇があれば金稼ぎな!貧乏人はね涙の一滴も無駄にできないんだ

田畑光江

主人公のスズが家なき子に逆戻りになりババァに泣きつこうとしたときに、ババァが言った台詞。 1人で生きて行かなければいけないスズに対しての、愛情があるからこその言葉です。

名言をもっと見る(9件)

家なき子に関連するタグ

家なき子を観た人はこんなドラマも観ています

家なき子が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ