家なき子2のあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,147件

家なき子2

4.504.50
映像
4.50
脚本
4.50
キャスト
4.50
音楽
4.50
演出
4.50
感想数
1
観た人
4

家なき子2のあらすじ・作品解説

家なき子2は、1995年4月15日から7月8日かけて日本テレビ系の土曜日、21時から全13話放送された日本のテレビドラマである。1994年に放送された家なき子のヒットを受けて作られた続編にあたる。平均視聴率は22.5%と、前作と同じく高視聴率をたたきだした。 主人公相沢すずを演じたのは前作と同じく安達祐実で、すずの貧乏から脱出する姿が描かれている。愛犬リュウと、一命をとりとめた内藤剛志演じる父と暮らせることになったところから物語が始まる。サスペンス的要素や、成長したすずの恋物語、教育問題などが含まれており、前作とは趣が違う内容になっている。新たに堂本光一演じる牧村晴海が、すずと同じ高校に通う主要人物として登場する。 過激なシーンがある内容のため、視聴者から批判的な意見が寄せられるなど、賛否両論が巻き起こった作品でもある。 家なき子2とは別に1994年には映画化もされ、家なき子シリーズは3部作構成となった。

家なき子2の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
4.504.50
脚本
4.504.50
キャスト
4.504.50
音楽
4.504.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

家なき子2の感想

投稿する

家なき子2に隠された強い絆

前作品よりも内容が濃く、すずの成長を感じる”家なき子2””家なき子”に続いて続編”家なき子2”も見ていました。ストーリーが2になるとかなり複雑になってきてました。すずの恋愛も描かれていました。中学生になっても学校でいじめを受けました。良くしてくれていた担任の先生(保坂直樹)は最終的にはずずの父親(内藤剛史)を刺してしまいます。すずの父親はすずの担任からお金をゆすっていたのです。そるが原因で刺されてしまいます。義理の父であると言っていましたが、ほんとはすずの実の父親でした。最後すずのために動き最後力尽きて死んでしまいます。一体彼はすずにとって良い父親だったと言えるのでしょうか。これを決めるのは相沢すず本人だけです。すずの恋した相手役にはジャニーズ事務所の大人気グループ、kinkikidsの堂本光一(晴海)でした。彼は”人間失格”や”若葉のころ”などいくつか出演していましたが、どれも裕福な環境で育った品のあ...この感想を読む

4.54.5
  • りかりか
  • 8621view
  • 2114文字
PICKUP

家なき子2に関連するタグ

家なき子2を観た人はこんなドラマも観ています

家なき子2が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ