X-エックスのあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,469件

X-エックス

4.504.50
映像
5.00
ストーリー
4.00
キャラクター
5.00
声優
4.50
音楽
5.00
感想数
1
観た人
1

X-エックスのあらすじ・作品解説

「X-エックス」は、WOWOWで2001年10月3日から2002年3月25日の期間に放映された全24話のテレビアニメである。 1992年に角川書店の「月刊Asuka」で連載がスタートしたCLAMPによる同名タイトルの漫画作品を原作にしており、原作はテレビシリーズが放映される前の1996年にも劇場版アニメが公開された人気作となっている。 東京を舞台に「天の龍」「地の龍」と呼ばれる者たちによる人類存続を懸けた戦いが繰り広げられて行くというのが主なストーリーになっており、その戦いの中で、自身の運命を大きく左右する選択を迫られることになった主人公「司狼神威(しろう かむい)」の苦悩と葛藤の様子を中心にして、天の龍と地の龍にそれぞれ選ばれた登場人物たち一人ひとりのドラマが丁寧に描かれており、重厚で複雑な要素までもが幾重にも絡み合った見応えのある作品として話題になった なお、本作は放映と原作の連載が並行していたため、ストーリーの後半部分と結末はアニメ版独自の形で描かれている。

X-エックスの評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
5.005.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
5.005.00
声優
4.504.50
音楽
5.005.00

評価分布をもっと見る

X-エックスの感想

投稿する

ストーリーが壮大

設定が現実離れしている何といってもCLAMP作品ですからね。設定へのこだわりは半端じゃないと思います。それに私の知っている中でこんなにシリアスが続く作品はなかったと思います。終始切ないというかあまり明るい話が出てこない作品なんじゃないでしょうか。天の竜と地の竜の二つの力が対立するっていう設定そのものがもうすでにいい感じにファンタジー感を出していると思います。しかもそれが地球の運命を左右するっていう壮大なスケールで描かれちゃってるっていうね。私の知っているCLAMP作品は基本的に明るい感じのものが多かったのである意味斬新でした。そもそも神威に不運起きすぎじゃないかってくらい起きてますよね。なんせ最初にお母さんが亡くなるところから始まってヒロインの小鳥が殺されてってなかなか高校生には受け止めきれないようなことばかりでちょっと胸が痛くなりましたね。神威の心が壊れそうもう見てて神威がかわいそう...この感想を読む

4.54.5
  • ぽんぽん
  • 425view
  • 3032文字
PICKUP

X-エックスの登場キャラクター

桃生封真

よみがな:ものうふうま ニックネーム:封真 年齢(作品時):高校2年生 性別:男 国籍:日本 住まい:日本 所属:地の龍 性格:寡黙で家族思い 物語上での目的:主人公の天の龍に対抗する、自然あふれる地球に戻そうとする地の龍のリーダー 覚醒後の性格:傲慢かつ身勝手な性格へと変貌 主人公との関係:当初は仲間であ...

玖月牙暁

よみがな:くずき かきょう

鬼咒嵐

よみがな:きしゅう あらし

キャラをもっと見る(4件)

X-エックスの名言

貴方もご存知でしょう 未来は変えられません

玖月牙暁

レインボーブリッジで再び昴流は星史郎と戦うことになる。そんな中、夢の中で助けを求めるもうひとりの丁姫に、牙暁は残酷な現実を突きつける。

後悔っちゅうんは、もうこんな想いせえへんにはどないしたらええんか、考えるためのもんや。

有洙川空汰

自分のせいで味方が負傷したと自責し、落ち込む主人公に向けた言葉。

食べるという事は、生きるという事ですから。

鬼咒嵐

落ち込んで食事を摂らなかった神威に食事をさせた空汰に対して、嵐が昔の自分を重ねて言ったセリフ

X-エックスに関連するタグ

X-エックスが好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ