どのような迂回路 - スティール・ボール・ランの感想

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,133件

スティール・ボール・ラン

4.834.83
画力
4.92
ストーリー
4.58
キャラクター
4.92
設定
4.75
演出
4.92
感想数
6
読んだ人
7

どのような迂回路

5.05.0
画力
5.0
ストーリー
5.0
キャラクター
5.0
設定
5.0
演出
5.0

マイルドネタバレ! 何かを言わずに物語やキャラクターについて話すのは難しいです。..

"鋼球の操業についてのそう誇大宣伝は何であるか。「読んでいない人がよく答えを不思議に思う質問です。
部分は基本的にスタンドを取り除き、スタンドの能力に焦点を当てているので、実際のスタンドよりも戦っている場合はユーザーが増えます。 銃は実際にはしばらくの間シリーズで初めて脅威であり、スタンドは非常に弱いので、ジャイロはその部分全体にスタンドを持っていません。 主な悪役との戦いも非常によく行われ、両側は興味深い能力を持っています。 ジャイロとジョニーの友情も非常によく行われ、両方が好感の持てる文字です。

Andd"なぜ鋼球の操業はとてもよいですか。"
それは全体のサガの中で最も成熟して書かれたジョジョの物語の一つです。 それはかなり暗く、道徳的な立場で最も良いジョジョと考えることができるものを特徴としています。 それは世界を救うか、ディオと彼の手下を停止するかのいずれかの前の部分とは異なり、物語全体のジョニーの動機は、主に利己的です。 一部のファンは、バレンタインはジョニーが主人公であるよりも拮抗薬としての彼の行動でより正当化されていると主張するかもしれません。
それに加えて、設定は本当に19世紀に米国のすべてにまたがるレースという事実を利用しています。 あなたは様々なロケールと敵ジョニーとジャイロのユニークなバリエーションが鋼球の実行に参加するために世界中に来たことに対してオフに直面してい 私はバレンタインが非常に好感の持てる悪役として書かれている方法、ディエゴは彼の元の化身があった"私はできるので、私は悪だ"男よりもどのように、スタンドとスピンの背後にある物語がどのようにユニークであるか、および他のすべてのもののように行くことができます。
最も重要なことは、荒木がSBRでJoJo universeを再起動することで非常に素晴らしい仕事をしたことです。 どちらかといえば、パート7は彼のマグナム作品です。

うん、それはそれです。 私はジョジョの奇妙な冒険の崇拝されたと言われた最良の部分を読み終えました。..
どのような旅! ストーリー(1800年代後半のアメリカを通じた競馬のアイデアとイエスの死体のねじれが本当の目的であること)、キャラクター(私は特にホットパンツとジョニーとの彼女の化学を高く評価しましたが、絶対的なmadladであるサンドマン、またはミスターブラックモアやリンゴのようなマイナーなスタンドユーザーでさえも評価しました)から、面白いスタンドの戦い、レース全体に示されている美しい風景まで、私はそれのすべてのビットを楽しんでいました。

私は本当にルーシーの性格を楽しんだと言わなければなりません,"パート7隼人"のようなもの,数々の外傷経験に耐えました,しかし、あきらめずに. さらに、彼女の夫との関係は本当に動いていて、私の心にはかわいかった。

その後、バレンタイン、完璧な悪役:悪と利己的な目標の背後には、実際にはそれにもかかわらず、電力と制御のための渇きを克服することができなかった愛国心の強い感情を隠しています。 D4Cは絶対に素晴らしく主人公と面白い戦いを作成するために使用されたreaaaally opスタンドでした。

そして最後に、ああ少年、ああジャイロ、そのような深い文字。 彼は私たちにジョジョのキャラクターが具現化することが期待されていた側面の多くを示した(難しいまだ動く背景、勇気、ウィット、高貴な目的、ユーモア、時 しかし、それはそれよりもはるかに深く、ジャイロはジョニーのための完璧なマッチでした。

their relationship works just fine because it becomes unrealistic. two strangers, different nationalities, different backgrounds, yet they are perfectly adapted for each other. i love the joke/song moments that put his whole heart that the gyro is only cold yet amused johnny's moments, sometimes adding a lot to ridiculous situations.

Johnny was an interesting JoJo. He started the adventure for himself and continued for himself, but curbing the feeling of intervening when dealing with other characters like Hot Pants and Sandman Most of all, his sincere friendship with the Gyro is what made him strong enough to go on his journey for the corpse part.

The main ally the main ally is complicated
The
villain is incredible
but the disposable villain is attractive, especially the apple Rodagain
artwork is exceptional (as always)
the fight in the stands is brilliantly choreographed
And pulp fiction references..

yes, like everyone reading, we can agree to say it was a weird and amazing adventure! race for disabled people who like balls, italian executioners, cross-dressing nuns, and dinosaur men across america, find parts of jesus' corpse and fight the president with neat hair.

what a detour than you, mr. araki.

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

他のレビュアーの感想・評価

承太郎、徐倫の犠牲も本作で報われている?

相変わらず、走りながら考える荒木飛呂彦ジョジョの3部以降、スタート時点のキャラや能力はどこに行ったんだ?ということがしばしばだが、この作品については方向性すら違っているように見える。3部ではスタープラチナが承太郎のコントロール下にないとか、ディオが念写しているとかは有名だし、4部の岸部露伴は登場時はどう見ても変態だ。5部のブチャラティもそう。しかし本作は、たぶんだがスタンドバトルレースものとして始まったのではないかと思う。レースは最後までなくなりはしないが、バトルの目的は聖なる遺体集めになる。これは考えた上のことだろうか?開始当初は掲載誌が週刊少年ジャンプだったが、月間のウルトラジャンプに移行したことの影響なのか、内容を変えたために移行したのか、は不明だが、ともかく路線変更しているのではないか、と私は見ているジョジョ第7部と正式に表記するのも途中からなので、セールス上の理由もあったのか...この感想を読む

4.54.5
  • ゆっきーmk-2ゆっきーmk-2
  • 139view
  • 2269文字
PICKUP

ピザモッツァレラ

ジョジョの奇妙な冒険シリーズ、戦いの傾向の古典的な第二弾以来、ジョジョは常に偉大な漫画となっています。 それぞれの個々の部分は、偉大な文字、説得力のあるプロットポイント、面白い喜劇のシーン、そして悲痛な悲劇の茄多を備えています。 第6部の最後のパネルが完全に見えるように、誰もジョジョの奇妙な冒険がすべての時間の中で最大の漫画の一つであることを否定することはでしかし、私はなぜジョジョの奇妙な冒険が素晴らしいのかを伝えるためにこのレビューを書いているわけではありません。 そして、ジョジョの奇妙な冒険が傑作である理由を理解するためには、まずほとんど誰もが認める最大の物語アークを分析する必要があります:鋼球ラン。 Jjbaフランチャイズのこの第七の物語のアークでは、荒木は漫画業界の最高の階層で三浦と浦沢のようなものに加わります。ストーリー:10スティールボールランは、二人の主人公、ジョニー Joestarとジャイ...この感想を読む

5.05.0
  • beilgumebeilgume
  • 19view
  • 3814文字

すごい言葉はない

ジョジョの奇妙な冒険のためのソフトリセットとして機能し、鋼球の実行は、オリジナルと大胆な方向に物語を取ります。 しかし、それは動作しますか? ああ、私はからかっている誰ですか? 私はまっすぐに行くつもりです。私はスチールボールランは、私が今まで読んだ中で最大の書かれた作品の一つであると考えています。私は鋼球の操業に非常に、非常に遅い開始があることを是認する。 実際には、スタンドは20章のようになるまで導入されていません。 それは別のことです:鋼球の実行はshounenの代わりにseinenです。 つまり、各章の長さは、以前のJojoパーツの20ページの長さの章と比較して35から60ページの範囲です。 これは最初は困難に見えるかもしれませんが、Steel Ball Runに投資すると、これまでの最長のJojo部分であるにもかかわらず、物語が短すぎるように感じます。 スティールボールランはまた、その戦いでジョジョの式を変更します。 スタンド...この感想を読む

5.05.0
  • nickrlenickrle
  • 12view
  • 4179文字

感想をもっと見る(6件)

関連するタグ

スティール・ボール・ランを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

スティール・ボール・ランが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ