チエのかわいさに脱帽 - 婚前特急の感想

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

婚前特急

4.174.17
映像
4.17
脚本
4.00
キャスト
4.67
音楽
3.67
演出
3.67
感想数
3
観た人
3

チエのかわいさに脱帽

4.04.0
映像
4.0
脚本
4.0
キャスト
5.0
音楽
3.0
演出
3.0

目次

「婚前急行」はこんな作品


この作品は、友人の結婚に触発された主人公のチエが、五人の彼氏を査定していくストーリーです。
チエは五股をかけている側なので、一見してモテモテのように見えますが、ストーリーが進むにつれ、誰にもそんなに愛されていないことが分かってきます。

チエはワガママで狂暴で、全然かわいさのない性格をしていますが、その不器用さや寂しさは、女性の共感できる部分ではないかと思います。

最後にはハッピーエンドになるので、気分の落ち込んだ時には、見たくなるような作品でした。


ガーリーで可愛らしい世界観



見ていてまず惹かれたのは、ポップでガーリーな世界観でした。吉高さんの衣装や小物がいちいちかわいいですし、吉高さんがスクーターに乗っている姿もお洒落でかわいいと思いました。

出だしからそういった世界観を見せてくれるので、冒頭から好印象を持って、作品を視聴することができました。

チエが五股をかけている彼氏たちを、一人一人査定していく、というテーマも、少女マンガのような可愛らしさがあって、好感を持てました。

主演の吉高由里子さんも、なんともいえない可愛らしい雰囲気で、スタイルも抜群で素敵でした。


人物描写はかなりリアル

しかし、意外だったのは、可愛らしい世界観の反面、キャラクター達がリアルにエグかった所です。

キャストの皆さんは全員演技達者で、かつ演出脚本も、各々のキャラクターの人間性を、的確に描き出していたと思います。

それが上手すぎて、想像していたよりも、ずっとリアルな感じを受けました。

冒頭のガーリーさとは裏腹に、キャラクターの描写はかなり真に迫っていたと思います。

例えば、西尾に酔って絡んでいるときの、チエのネチネチした態度や、それを面倒がっている西尾の姿。

年上の彼氏が車の運転をミスして、「ちゃんと見てろよ!」となぜかチエに責任転嫁してくる子供っぽさ。(運転となると、人格が変わる、ということも描写している。)それを甘んじて受け入れるチエの、圧し殺した表情。

ミカを嫌っている、チエの機嫌の悪い態度。

登場人物のリアクションが、いちいち心に響くというか。「ああ分かる分かる」と共感できるシーンが多かったです。


チエに共感!


特に、主人公のチエには、良くも悪くも女性として共感できるようなシーンがいくつもありました。

チエはイライラしがちで、愚痴の捌け口をいつでも探しているような所があります。

年上の後輩への当たり方や、西尾にグチグチと酔って絡む姿は、良くない行動ですが、女性ならチエの気持ちは分かるはずです。

また、チエはこのように性格があまり良くないため、五人の恋人がいながら、誰にもそんなに愛されていません。

私には、そこがチエの寂しさであり、弱味というか、かわいいところに思えます。
おそらく男性から見れば、こんな浮気者の、ヒステリックで高慢ちきな女は、かわいいとは思えないのでしょうが…。

女性から見て、チエは可愛らしく、不器用で、共感できるようなキャラクターなのではないかと思います。

対して、石橋杏奈さんの演じたミカの、何ともいえない嫌な感じ。
チエはミカのことを、恋敵という理由だけでなく、いけ好かないと思っているのですが、そのチエの嫌悪感がすごく分かります。

バイト先で常連客にタメ口をきいて、親密そうにしている所とか。
髪型も適当で、服装も安物なのに、地顔の美しさと性格で、皆のアイドルになっている所とか。

絶対男性はミカのことが好きですよね。
でも私は、ちょっとあざといとか、嫉妬心もあるのか、ミカにはゾワゾワしてしまう。
不思議ですよね。ミカには、おかしな言動は全然無いのに。


多分、あの四人の飲み会で、私がチエだったら、同じように不機嫌な顔をしていたことでしょう。

私はちょっと擦れていて、不器用で寂しさを抱えている、チエの方が好感を持てますね。

ミカの女性に嫌われる女性の感じが絶妙で、すごくリアルだと思いました。



印象的だったキャスト

主演の吉高由里子さん以外で印象に残ったのは、やはり田無を演じた浜野謙太さんです。

強烈なルックスですよね。まさかチエの本命に残るとは思っていませんでした。

最初にチエが査定評をつけている際、田無だけがデメリットだらけという状態だったので、共演の加瀬亮さんとチエは結婚するのかと思っていました。

というか、いまだに田無の魅力が伝わってこないのですが…。

浜野さんといえば、テレビ東京系で放送されていた、「ノーコンキッド」というドラマで、オタクの少年を演じていました。

こちらは純粋で性格のいい人物だったのですが…。

しかし、婚前急行では一転して、本当にダメなヤツを演じています。

そのギャップもすごいと思いましたし、やはり不思議な存在感があるな、と思わされました。

最後の壁を突き破ってしまう、吉高さんとの立ち回りは迫力がありました。

留置場でのシーンなど、長いセリフも多かったですが、見事に演じきっていたと思います。

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

他のレビュアーの感想・評価

吉高の演技に拍手…だが奇妙な映画

2011年公開の恋愛コメディー映画 107分監督 前田弘二出演 吉高由里子 杏 加瀬亮5人の男性と付き合っているOL池下チエ(吉高由里子)。結婚を夢見たチエは5人の男を独自に査定。一番付き合っていてデメリットの大きい男との別れを決意する。しかしその男に「自分たちは付き合っていない」と言われたチエは怒り心を頭。「フラれた」ことへの復讐を考え始めるチエだったが…。この映画のおもしろさはやはり吉高由里子の演技だろう。わがままで自己中心的。相手のことより自分のこと。そんな女性をキュートに、時に辛辣に演じる彼女は女性から見ても魅力たっぷりだ。ありえないだろう…という行動をする池下チエを人間味ある女性に仕上げてしまった吉高の演技に拍手。内容面でいうと、最終的にデメリット1位の男と結婚する、というオチがなんとも可笑しい。不思議なのは5人と付き合っていた池下チエだが、結婚相手以外の4人とは「別れる」シー...この感想を読む

4.54.5
  • ayaaya
  • 5view
  • 515文字

関連するタグ

婚前特急が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ