関谷久作 - 漂流教室のキャラクター

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,114件

漂流教室

5.005.00
画力
4.40
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
4.75
演出
5.00
感想数
2
読んだ人
2

関谷久作のプロフィール

本名関谷久作
よみがなせきやきゅうさく
年齢(作品時)38歳
性別
所属「長吉製パン」というパン屋
性格漂流以前優しい人物を装っていたが、漂流後残忍醜悪
特徴何度も子供たちの足を引っ張る
物語上での目的学校を支配しようと目論む
最後高松と共にこの世界に取り残されてしまった(生死は不明)
作中において最後の"大人"であった若原がいなくなってからは事実上作中における雄一の大人になる
暴行内容ユウちゃんが現在に戻る帰還の儀式を妨害しようとした際、馬内によって顔面をつかまれ両目をつぶされ、地面に後頭部を何度をも打ちつけられ、さらに首を絞められて止められる

漂流教室の他の登場キャラクター

漂流教室の感想

恐怖から生まれた美しさとは

1,とにかくエグい。楳図かずおさんの代表作、漂流教室。想像できないような展開が次々と待ち構えていて、読者を退屈させることなく精神的な恐怖を味あわせてくるのはもはや楳図かずお先生ならではの裏切りのない恐怖という素晴らしさ。恐怖の中にも希望があり、恐怖だけで止まることのない物語。恐怖とは何なのか、本当の恐ろしさとは..人間の考えだすものが一番の恐怖なのかもしれない2,主人公の強さとは仲間と呼べる間柄の中でもだんだんと一人の人間としての思考が生まれ、次第に考え方や行動もすれ違っていくのが人間というものである。そんな中次々と問題は容赦なく起こっていくが、どうにかしようと先頭に立つ者がいてそこに力を貸そうとついていく人がそれぞれの立場で協力して切り抜けていこうとする逞しさ。仲間とは、信頼とは。小さな子どもたちの考えつく行動とは、一歩間違えれば恐ろしくもあり勇敢なる勇気の塊なのかもしれない。3,光は必ず落...この感想を読む

5.05.0
  • りんご飴りんご飴
  • 24view
  • 1083文字
PICKUP

漂流教室が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ