大江戸妖怪かわら版のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,319件

大江戸妖怪かわら版

4.504.50
文章力
4.50
ストーリー
4.00
キャラクター
5.00
設定
4.50
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

大江戸妖怪かわら版のあらすじ・作品解説

大江戸妖怪かわら版は香月日輪が執筆した児童文学作品である。 2011年に講談社から文庫版が発売され、後の2013年には高橋愛氏の作画で漫画版も発売されている。 現実世界と異世界の間で繰り広げられる物語で、人間、妖怪、魔人が入り乱れた世界観で描かれている。 物語の主人公は現実世界で暮らしていた雀という少年で、異世界である「大江戸」に落ち、「大江戸」で生活を行っている。彼の「大江戸」での日常と成長の日々が物語の中心となっている。現実世界ですさんだ生活を送っていた少年の雀は大首かわら版屋と呼ばれるかわら版屋で働く事となる。周囲のあたたかさもあり、一生懸命仕事に取組み、後には人気の記事を手掛ける様になる。 同じかわら版屋には妖怪が働いており、のっぺらぼうのキュー太や猫妖怪のボーなどがいる。彼らとは公私ともに行動をするようになる。 なお、物語の舞台である「大江戸」は実際の江戸時代の文化や風俗を模しており、作中にも江戸時代独特の描写が多用されている。

大江戸妖怪かわら版の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
4.504.50
ストーリー
4.004.00
キャラクター
5.005.00
設定
4.504.50
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

大江戸妖怪かわら版の感想

投稿する

大江戸妖怪かわら版に関連するタグ

大江戸妖怪かわら版を読んだ人はこんな小説も読んでいます

大江戸妖怪かわら版が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ