るろうに剣心 伝説の最期編のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,782件

るろうに剣心 伝説の最期編

5.005.00
映像
5.00
脚本
5.00
キャスト
5.00
音楽
5.00
演出
5.00
感想数
1
観た人
1

るろうに剣心 伝説の最期編の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
5.005.00
脚本
5.005.00
キャスト
5.005.00
音楽
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

るろうに剣心 伝説の最期編の感想

投稿する

CG・早回しなしのアクションが凄い!

「京都大火編」と2部作になっている2作品目です。今作品も前2作品同様CG&早回しなしで撮影されたそうです。剣心VS四乃森蒼紫の立ち回りは400手を超えるらしく、これだけの手数をあのスピードで演じるわけですから体だけではなく頭をフル回転させなければ成立させることは不可能ですよね。そして特に「伝説の最期編」で圧巻だったのが、ラストの志々雄真と剣心達4人が戦う格闘シーンではないでしょうか。志々雄真実を演じる藤原竜也が来ていた衣装は、飲食できないのは当たり前で、トイレにも行けない、視界は最悪で耳も聞こえなくなるような代物らしく、そんな衣装を着けて早朝から夜中まで動き回っていたというから驚きです。そのような衣装を身に着けてハンディを背負った状態にも関わらず志々雄真実の戦闘力や動きは原作通り凄まじく、4人がかりで攻めてくる剣心達を終始圧倒していました。戦闘シーンの中で次第に全員ボロボロになっていき...この感想を読む

5.05.0
  • kokohanakokohana
  • 181view
  • 506文字

るろうに剣心 伝説の最期編の登場キャラクター

比古清十郎

よみがな:ひこせいじゅうろう 生年月日:1836年(天保7年)10月 年齢(作品時):43歳 血液型:O型 性別:男性 国籍:日本 所属:十三代目飛天御剣流継承者で緋村剣心の師匠。最近は陶芸家・新津覚之進として生計を立てている。 性格:人間嫌い。その他にも性格的な特徴として剣心いわく「自信家、陰険、ぶっきらぼう、...

緋村剣心

よみがな:ひむらけんしん 生年月日:1849年6月20日 血液型:AB 身長:158 体重:48 性別:男性 国籍:日本 性格:温厚で物腰柔らかい性格 特徴:左頬にある大きな十字傷 特技:口八丁

伊藤博文

よみがな:いとう ひろぶみ/ひろふみ ニックネーム:箒(ほうき。女が掃いて捨てる程いたため) 生年月日:天保12年9月2日(1841年10月16日) 性別:男性 国籍:日本 所属:明治政府内務卿 性格:衣食住には頓着しない性格。大隈重信曰く「陽気で派手で、それに政治上の功名心がどこまでも強い人」。 ポリシー:「大いに屈...

キャラをもっと見る(7件)

るろうに剣心 伝説の最期編の名言

その命はお前ひとりのためにあるのではない。

比古清十郎

明治政府打倒と日本征服をもくろむ志々雄真実に破れた主人公の緋村剣心はが、再度、志々雄真実を倒すために飛天御剣流の奥義を会得しようと師匠である比古清十郎に稽古をつけてもらう。師匠は奥義を会得するために必要な剣心に欠けている精神を教える。

一度や二度の戦いで真実がわかるなら、誰も間違ったりはせぬ

緋村剣心

強いが若い敵に対して答えはそう簡単には出ないとさとした言葉

お前の物差しで、図るんじゃねえよ。

志々雄真実

志々雄真実が駒形由美を殺した時に、剣心に言った言葉。

るろうに剣心 伝説の最期編に関連するタグ

るろうに剣心 伝説の最期編を観た人はこんな映画も観ています

るろうに剣心 伝説の最期編が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ