バタフライ・エフェクトのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,784件

バタフライ・エフェクト

4.674.67
映像
4.56
脚本
4.83
キャスト
4.44
音楽
4.50
演出
4.67
感想数
9
観た人
14

バタフライ・エフェクトのあらすじ・作品解説

バタフライ・エフェクトは、2004年に制作・公開されたアメリカ映画で、全米初登場第1位を記録したサスペンス映画である。蝶の羽ばたきが地球の裏側で竜巻を起こすというバタフライ効果を題材にした作品。主演のアシュトン・カッチャーは製作総指揮も務めた。 エヴァンは、時々記憶を無くすことがある少年で、脳の検査を受けるも異常は見つからず、精神科医の勧めで日記をつけることを習慣にしていた。大学生になったエヴァンは、記憶喪失も無くなり平穏な毎日を送っていたが、ふと少年時代の日記を読み返した時、記憶を失っていたその時点に戻っていた。しかもその過去の出来事を変えることができるのだった。そして、幼馴染の少女ケイリーが悲惨な人生を送っていることを知り、過去の忌まわしい出来事を修正することで、ケイリーの人生を救おうとする。しかし、過去に修正を加えて現実に目覚めると、自分や幼馴染の人生が思わぬ方向に狂わされている。そして何度も過去の修正を試みるのだが・・・。 エンディングは、公開バーションの他に3パターン作られている。

バタフライ・エフェクトの評価

総合評価
4.674.67
(9件)
映像
4.564.56
脚本
4.834.83
キャスト
4.444.44
音楽
4.504.50
演出
4.674.67

評価分布をもっと見る

バタフライ・エフェクトの感想

投稿する

最後まで見ないとわからないおもしろさ

記憶喪失になる主人公記憶喪失になるきっかけは通常強いストレスを感じた時と言われています。エヴァンも記憶を失っている間にひどくストレスを感じるようなことが起こっていました。そのため記憶を失ったのはその間に起こった事件が原因だと考えられていました。エヴァンは自分の記憶の解明のために大学では心理学を専攻しています。これだけだと悲惨な過去をもつ主人公というだけになってしまいますが、エヴァンの記憶の失い方は通常とは異なっていて、退行催眠をかけても記憶がつながらないのです。本当に欠落しているという感じです。記憶を失っていた時が大事なキーワードになっています。まず最初はトミーとケイリーの家の地下室、次に実の父に面会した時、郵便受けの爆弾、飼い犬がトミーによって殺された時です。その間に起こった出来事はトミー・レニー・ケイリーにとっても思い出したくない過去らしく、誰に聞いても教えてくれません。記憶がない...この感想を読む

5.05.0
  • kilyoukakilyouka
  • 117view
  • 2084文字
PICKUP

感想をもっと見る(9件)

バタフライ・エフェクトに関連するタグ

バタフライ・エフェクトが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ