若草物語のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

若草物語のあらすじ・作品解説

若草物語は、ルイーザ・メイ・オルコットが1868年に刊行した同名の自伝的小説をもとに映画化され、1933年、1949年、1994年公開のものが特に有名である。 英語のタイトルは"Little women"であり、南北戦争時のピューリタンであるマーチ一家の四人姉妹の姿を描いたものである。原題のLittle womenには、少女であった姉妹がどのようにして大人のwomenになっていくかという意味が込められている。 1933年のアメリカ映画は、アカデミー賞脚本賞を受賞しており、キャサリン・ヘプバーンらが出演している。 1949年のアメリカ映画は、カラー映画となってアカデミー賞美術賞を受賞しており、出演者もジューン・アリスン、マーガレット・オブライエン、エリザベス・テイラー、ジャネット・リー、ピーター・ローフォードと、豪華な顔ぶれが揃っている。 1994年のアメリカ映画は、ウィノナ・ライダーらが出演し、アカデミー賞の主演女優賞・作曲賞・衣装デザイン賞にノミネートされている。

若草物語の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
4.004.00
脚本
3.503.50
キャスト
4.004.00
音楽
3.503.50
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

若草物語の感想

投稿する

若草物語に関連するタグ

若草物語が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ