ワイルド・スピードのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ワイルド・スピードのあらすじ・作品解説

ワイルド・スピードは、2001年に公開されたカーアクション映画である。監督はロブ・コーエンが務めた。劇中には、トヨタ、日産、ホンダなどの日本車も使用されている。他にも、フェラーリやフォルクスワーゲンなど、多種多様な車が使用されており、車ファンにはたまらない作品となっている。 この作品はロサンゼルスを舞台に、潜入捜査を行っている警官ブライアンと、敏腕ドライバーのドミニクがカーレースをしたことがきっかけに、2人が抗争に巻き込まれていく映画である。派手なカーアクションだけでなく、ブライアンとドミニクの友情や、恋愛模様も描かれている。 全世界興行収入は2憶ドルを突破し、このヒットをうけ、2015年時点でシリーズ映画は7作品が公開された。シリーズ映画は違う監督で制作されており、時間軸は1作目、2作目、4作目、5作目、6作目、3作目、7作目の順となっている。2007年にHDDVD版を販売し、2009年にはブルーレイディスク版も発売された。

ワイルド・スピードの評価

総合評価
4.254.25
(2件)
映像
4.254.25
脚本
3.503.50
キャスト
4.254.25
音楽
3.503.50
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

ワイルド・スピードの感想

投稿する

ワイルド・スピードの登場キャラクター

ミア・トレット

ニックネーム:ミア 身長:170cm 性別:女性 物語上での目的:ブライアンに恋をする 家族:兄:ドミニク・トレット 職業:Toretto's Market&Cafe カフェ経営 俳優:ジョーダナ・ブリュースター 日本語吹き替え:幸田夏穂 日本語吹き替え(テレビ朝日版):井上喜久子 その他:ミサ信者

レティ・オルティス

ニックネーム:レティ 身長:165cm 性別:女性 性格:性別問わず正々堂々と戦う、嫉妬深い 特技:運転、整備 物語上での目的:ドミニク・トレットの恋人 搭乗車種:S14 俳優:ミシェル・ロドリゲス 職業:ストリートレーサー、修理工 日本語吹き替え:喜田あゆ美

ブライアン・オコナー

よみがな:Paul William Walker IV 生年月日:1973年9月12日 年齢(作品時):28 血液型:A型 身長:188㎝ 星座:乙女座 性別:男 国籍:アメリカ合衆国 性格:良い人 特徴:セレブ

キャラをもっと見る(4件)

ワイルド・スピードに関連するタグ

ワイルド・スピードが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ