ボーン・スプレマシーのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ボーン・スプレマシーのあらすじ・作品解説

ボーン・スプレマシーとは、2004年ユニバーサルより配給されたアクション映画である。主演はマット・デイモン、監督はポール・グリーングラスである。 元CIA職員のジェイソン・ボーンは記憶を失い、失った記憶を探る為CIAと対立し追われる身となっている。CIAのパメラ・ランディはベルリンで事件の調査を行っていた所、襲撃を受けチームの1人が死亡する。同時刻、インドで人目を避け暮らしていたボーンと恋人のマリーの元に追手が迫り、マリーは殺されてしまう。ボーンは犯人がCIAだと推測する、CIAもまたチーム襲撃の際、犯人の指紋を発見し分析を行う。そこにはジェイソン・ボーンの指紋と合致しボーンを追いかける。その過程でランディはボーンに関わる重大な秘密である「とレッドストーン計画」の存在を知る、計画の関係者であるCIA高官のアボットとコンタクトを取る。秘密が次第に暴かれるにつれボーンによるCIA襲撃の裏には大きな陰謀が隠れていることを知る。

ボーン・スプレマシーの評価

総合評価
4.504.50
(3件)
映像
4.674.67
脚本
4.504.50
キャスト
4.674.67
音楽
4.334.33
演出
4.674.67

評価分布をもっと見る

ボーン・スプレマシーの感想

投稿する

ボーン・スプレマシーに関連するタグ

ボーン・スプレマシーが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ