非・バランスのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

非・バランス

4.754.75
映像
4.75
脚本
4.75
キャスト
4.75
音楽
4.75
演出
4.75
感想数
2
観た人
2

非・バランスの評価

総合評価
4.754.75
(2件)
映像
4.754.75
脚本
4.754.75
キャスト
4.754.75
音楽
4.754.75
演出
4.754.75

評価分布をもっと見る

非・バランスの感想

投稿する

小日向文世氏の存在で、自己成長モノの枠を超えた作品

ストーリーはいわゆる「自己成長モノ」小説を原作とした作品で、ストーリはいわゆる自己成長モノです。小学校時代のいじめをきっかけに、周囲に心を閉ざしてしまったヒロインの心の成長が描かれています。テーマは決して目新しいものではありませんし、人との出会いで主人公が成長していくと言う内容も、よくあるストーリで、陳腐とすら言えるかもしれません。ところが、小日向文世と言う俳優を起用することで、この作品には奇跡が起きています。小日向文世のオカマ役が光る!原作では女子高生のヒロインが、OLと知り合うことで成長して行きます。ですが、映画化に当たり、OLの設定だった登場人物が、オカマバーのママと言う設定に変更されました。小日向文世氏が演じる「オカマのキクちゃん」です。映画の中では、クラスに溶け込めないことでマイノリティーとして生きざるを得ない少女が、オカマであることでマイノリティーとして生きざるを得ないキクちゃ...この感想を読む

5.05.0
  • ひよこ7号!ひよこ7号!
  • 35view
  • 1905文字
PICKUP

非・バランスに関連するタグ

非・バランスが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ