タイタンズを忘れないのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

タイタンズを忘れないのあらすじ・作品解説

タイタンズを忘れないは、2001年に公開された、実話を基に描かれているアメリカ映画である。監督は、「しあわせ色のルビー」「アップタウン・ガールズ」「SAFE/セイフ」のボアズ・イェーキン。製作は、ジェリー・ブラッカイマー、チャド・オマン。脚本は、グレゴリー・アレン・ハワード。音楽は、「アルマゲドン」「エネミー・オブ・アメリカ」のトレヴァー・ラビン。出演者は、デンゼル・ワシントン、ウィル・パットン、ウッド・ハリス、ライアン・ハースト。 1971年、ヴァージニア州アレキサンドリアで黒人と白人の高校が統合され、それに合わせて黒人と白人混合のフットボールチーム「タイタンズ」も作られることになる。まだ人種差別が根強く残っている地域のために反発が強く、チーム内でも黒人と白人の間では諍いや壁があった。黒人のコーチのハーマン・ブーンが、チームメイト同士で理解し合って団結するために厳しく導き、チームが快進撃を遂げていくスポーツ・ドラマである。

タイタンズを忘れないの評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
5.005.00
脚本
5.005.00
キャスト
5.005.00
音楽
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

タイタンズを忘れないの感想

投稿する

タイタンズを忘れないの登場キャラクター

ジュリアス・キャンベル

タイタンズを忘れないの名言

今は無理かもしれないけど、いつか同じところに住み、一緒に年をとって、デブになろう。

ジュリアス・キャンベル

人種差別が根強く残る1970年代。ヴァージニア州に誕生した白人黒人混合の高校フットボールチーム。いがみ合い、争いの絶えないチーム、学校、地域社会。 そんな中、白人チームのリーダーであるデリーが交通事故に…病院に駆けつけた黒人チームのリーダー、ジュリアスがベッドに横たわるデリーに語りかける名シーンでの言葉。

タイタンズを忘れないに関連するタグ

タイタンズを忘れないを観た人はこんな映画も観ています

タイタンズを忘れないが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ