グローリーのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

グローリーのあらすじ・作品解説

グローリーは1989年にアメリカで1990年に日本で公開されたアメリカの戦争映画。 南北戦争で実際に活躍したといわれる黒人部隊をテーマにした作品であり、デンゼル・ワシントンやモーガン・フリーマンが出演している。 主役は「ニール・サイモンのキャッシュ・マン」のマイク・ブロデリックが演じている。 なお、デンゼル・ワシントンはこの映画の出演によって助演男優賞を1989年度第62回アカデミー賞と第42回ゴールデン・グローブ少で受賞している。 監督はデンゼルと多数の作品で仕事を共にしているエドワード・ズゥィック。 他共演者には「ホット・ショット」「アナザーストーリー」のケイリー・エルウィス。 この作品は南北戦争まだ勃発している最中、ボストンの実家へと帰って来た北軍大尉のロバートが父のフランシスの紹介で黒人部隊を作るよう命じられ、奴隷として扱われていた黒人男性達を集め厳しい訓練をしていくという内容。

グローリーの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
4.004.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.004.00
音楽
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

グローリーの感想

投稿する

グローリーに関連するタグ

グローリーが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ