ガタカのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ガタカのあらすじ・作品解説

ガタカは、アンドリュー・ニコル監督・脚本、ダニー・デヴィート/マイケル・シャンバーグ/ステイシー・シェア製作のアメリカのSF映画である。 主演のヴィンセント・アントン・フリーマン役にイーサン・ホークを配役し、アイリーン・カッシーニ役にユマ・サーマン、ジェローム・ユージーン・モロー役にジュード・ロウを配役している。 遺伝子工学の進歩にり胎児間に劣性遺伝子を排除することが可能になった。劣性遺伝子排除ではない自然の形で生まれた、ヴィンセントは生まれつき心臓が弱く30年の命と宣告されていた。弟のアントンは劣性遺伝子を排除されて生まれてきているため、ヴィンセントは自分が不適合者として見限られたと思い、適合者になりすまし宇宙局へ入社し宇宙へ旅立とうと試みるが…。 この映画は、1998年第70回アカデミー賞にて美術賞にノミネートされ、1998年第55回ゴールデングローブ賞にて最優秀作曲賞にノミネートされた作品である。

ガタカの評価

総合評価
4.574.57
(7件)
映像
4.864.86
脚本
4.714.71
キャスト
4.714.71
音楽
4.434.43
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

ガタカの感想

投稿する

可能性を信じて生きることの大切さ

遺伝子操作によって生まれた優秀な「適正者」と、通常の妊娠で生まれた「不適正者」が存在する未来の話。遺伝子診断による将来の寿命と死因の特定は、現代科学の賜物であると同時に、限界を決めてしまうことでもあります。不適正者として自分の運命を知りながらも、あらゆる手を使って自分の夢を達成していく姿は大変面白く、また感動しました。科学は決して万能ではない。可能性を信じることの大切さを学びました。そのあらゆる手というのが、適正者でありながら障害をもったジェロームの身体をのっとるということ。不適正者のヴィンセントはジェロームの血液や尿等、様々なサンプルを用いて検査を通過し、夢に向かっていきます。ジェロームとヴィンセントは最初は契約者としての関係でしたが、途中からはもう適正者としてやっていけないジェロームにとって、ヴィンセントの夢が達成することが自分の夢となっていきます。最後は非常に悲しいのですが、ヴィ...この感想を読む

5.05.0
  • ABCDEITOABCDEITO
  • 296view
  • 483文字

感想をもっと見る(7件)

ガタカの登場キャラクター

ジェローム・ユージーン・モロー

ヴィンセント・アントン・フリーマン

ガタカの名言

僕に何ができるか決めつけるな

ヴィンセント・アントン・フリーマン

遺伝子で優劣を決められてしまう未来。主人公ヴィンセントは身分を偽って宇宙飛行士を目指していた。物語終盤 実の弟である。刑事のアントンに己の行為を咎められえて言った言葉です。

あの時と同じだ。戻ることは考えずに全力で泳いだ

ヴィンセント・アントン・フリーマン

いつも弟に水泳勝負でかてなかったヴィンセントしかし、物語終盤持ちかけられた水泳勝負で勝利しそして溺れた弟を岸まで運ぶのでした。その時に弟に向けて言った言葉です。人が自信をもつためには、がむしゃらに進む必要も時にはあるのだということをしめしています。

体を貸す代わりに夢をもらった。

ジェローム・ユージーン・モロー

宇宙飛行士をめざすため、ひたむきに努力するヴィンセントにユージーンが言った言葉です。遺伝子では「適正者」として栄光の人生を約束されていたユージーンですが人生に絶望していました。そんな彼にヴィンセントの「非適正者」であるにもかかわらず夢にむかってひたむきに努力する姿を見て、彼の夢をてつだいたくなったユージーンの心境が出ています

名言をもっと見る(4件)

ガタカに関連するタグ

ガタカが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ