クルーレスのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

クルーレスのあらすじ・作品解説

クルーレスは、1995年に公開されたアメリカ映画である。監督・脚本は、「初体験/リッジモント・ハイ」「ベイビー・トーク」「恋は負けない」のエイミー・ヘッカーリング。音楽は、「ゴーストワールド」「バッドサンタ」のデヴィッド・キティ。出演者は、アリシア・シルヴァーストーン、ステイシー・ダッシュ、ブリタニー・マーフィ、ポール・ラッド。 シェールはやり手の弁護士の父と二人暮らしの高校生。自信家のお嬢様でファッションと恋に熱中し、趣味はダサい人(クルーレス)を変身させること。そんなシェールのことが気になっているのが父の元再婚相手の息子ジョシュ。元義兄の立場ではあるが、シェールに恋をしていて、何かと会いに来ているのだった。その後、思い通りにいかないことが続き、もしかしてクルーレスは私?と思い始め、変わろうと努力していく青春コメディ。 ジェーン・オースティンの小説「エマ」を現代に置き換えて描いた作品である。

クルーレスの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
3.003.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.004.00
音楽
3.003.00
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

クルーレスの感想

投稿する

安心してみれる

お決まりがいいティーン向けのおしゃれな女の子のお決まりのお話なんだけどそれがいい!私こういう映画大好きです!95年の少し古い映画ですがファッション、恋愛、友情の物語です。でも少し違うところは主人公シェールは人気者にも関わらず性格も自己中心的なところもあるけど良い子!よくあるティーン向けの映画ってこういう立ち位置の子はライバル設定で主人公とは敵対であったりすることが多いので。良い子だけど自己中心ってのは、友達のことをおもってはいるけど恋愛に口だしたりしていたりするところ。釣り合うかどうかで恋愛をみていたときはまだ子供らしかったですね(笑)でもとても賢い子でもあるので周囲への影響力もあるのでしょうね。かわいいだけじゃないのが好感もてる主人公でした。すごくかわいいこういう映画が私が好きな理由はファッションが好きだからっていうのもあります。古い映画ではありますが、すごくおしゃれ!ただ友達を変身させ...この感想を読む

4.04.0
  • ころなころな
  • 28view
  • 1087文字
PICKUP

クルーレスに関連するタグ

クルーレスが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ