モンパルナスの灯のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

モンパルナスの灯のあらすじ・作品解説

モンパルナスの灯(英語題:Montparnasse 19)は1958年に公開されたフランスの伝記映画である。 原作はミシェル・ジョルジュ・ミシェルの同名小説。 監督及び脚本は「穴」「現金に手を出すな」「肉体の冠」のジャック・ベッケルが、製作をラルフ・ボームが参加。 "フランスのジェームズ・ディーン"とも言われたフランスの俳優・ジェラール・フィリップが主役のアメデオ・モディリアーニを演じる。 共演者には「男と女」「ソドムとゴモラ」のアヌーク・エーメ、「死刑台のエレベーター」「現金に手を出すな」のリノ・ヴァンチュラ、ジュラール・セティ、リリー・パルマーらがいる。 製作会社はフロンコ・ロンドン・フィルム、配給は東和が担当。 この作品は35歳の若さで病死したフランスの天才画家・モディリアーニの生涯と妻のジョアンヌとの生活を描いた物語である

モンパルナスの灯の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
4.004.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.004.00
音楽
3.503.50
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

モンパルナスの灯の感想

投稿する

モンパルナスの灯に関連するタグ

モンパルナスの灯が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ