レッド プラネットのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

レッド プラネット

4.004.00
映像
3.50
脚本
3.50
キャスト
4.50
音楽
4.00
演出
3.50
感想数
1
観た人
1

レッド プラネットのあらすじ・作品解説

レッド プラネットは、2001年に公開されたアメリカ映画である。監督は、アントニー・ホフマン。脚本は、チャック・ファーラー、ジョナサン・レムキ。音楽は、「バスケットボール・ダイアリーズ」のグレーム・レヴェル。出演者は、 ヴァル・キルマー、キャリー=アン・モス、 トム・サイズモア、テレンス・スタンプ。 近未来の地球では、人口増加による環境汚染が深刻化したため、2025年から20年かけて火星へ藻類を送り、新たな新天地としての酸素生成の実験が行われてきた。しかし順調だった酸素レベルが下がってきたため、科学者のチームが火星に調査に向かうことになる。ところが、太陽フレアの爆発によって宇宙船がダメージを受けてしまい、急遽火星に不時着することになる。宇宙船には軍の探索ロボットのエイミーも乗っていたが、事故の衝撃でシステムが故障して一行を敵と見なすようになってしまう。緊迫した状況の中で酸素が減った理由も探っていくSFサスペンスである。 2011年Blu-rayが発売された。

レッド プラネットの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
3.503.50
脚本
3.503.50
キャスト
4.504.50
音楽
4.004.00
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

レッド プラネットの感想

投稿する

レッド プラネットに関連するタグ

レッド プラネットが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ