バトルランナーのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

バトルランナー

4.004.00
映像
3.50
脚本
4.00
キャスト
4.00
音楽
3.50
演出
4.00
感想数
1
観た人
1

バトルランナーの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
3.503.50
脚本
4.004.00
キャスト
4.004.00
音楽
3.503.50
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

バトルランナーの感想

投稿する

逃げるマッチョマン

アーノルドシュワルツェネッガー主演の、同名小説を映画化した作品。個人的にシュワちゃんの主演作では隠れた名作だと思っている好きな作品です。舞台は独裁政権に支配されたアメリカ。抑圧された大衆は、TVを観ることだけがストレスを発散する唯一の手段となっていた。無実の罪で投獄された主人公ベンは、そのストレス発散のための人気番組、『ランニングマン』に無理やり出演させられてしまうのであった。アメリカって、この手の人の生き死にをショービジネス化するような設定って好きだよなあ。日本でも似たような作品に「バトルロワイヤル」や「リアル鬼ごっこ」があげられるが、独裁政権という形は一緒ながらも、大衆娯楽として扱う事はないところに、互いの国の価値観の違いがよく出ている気がします。今見ると映像としては確かに古臭いですが、決して色褪せないおもしろさがある作品だと思います。この感想を読む

4.04.0
  • ピッチャーピッチャー
  • 88view
  • 375文字

バトルランナーに関連するタグ

バトルランナーが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ