第三の男のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

第三の男のあらすじ・作品解説

第三の男は、1949年に製作されたイギリス映画で、第二次大戦後のウィーンが舞台になっている。カソリック作家のグラハム・グリーン脚本、監督は、キャロリー・リード、撮影はロバート・クラスカーが担当している。 アメリカの西部劇作家のホリィ・マーティンスは親友のハリー・ライムから仕事の依頼を受けウィーンにやってくるが、ライムは交通事故ですでに死亡しており葬儀に出る。ハイムが薬の闇取引きを行う悪人だと知らされ、友人の真実を調べる事にする。ハリーの恋人アンナと知り合い、真実を究明していくと第三番目の人物の存在が明らかになっていく。マーティンスは何者かに脅かされ、証言をした門衛が殺され犯人だと疑われる。アンナがパスポート偽造で拉致された後ライムを見つけ真実を知る事となる。アンナと引き換えにライム逮捕に助力し、下水道の中での銃撃戦でライムは命を落とす。ライムの葬儀が行われアンナはマーティンスの前から去っていく。 第3回カンヌ国際映画祭ではグランプリを獲得し、1950年のアカデミー賞では撮影賞を受賞した。

第三の男の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
4.504.50
脚本
4.504.50
キャスト
4.004.00
音楽
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

第三の男の感想

投稿する

第三の男に関連するタグ

第三の男が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ