さよならをもう一度のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,784件

さよならをもう一度

5.005.00
映像
5.00
脚本
5.00
キャスト
5.00
音楽
5.00
演出
5.00
感想数
1
観た人
1

さよならをもう一度の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
5.005.00
脚本
5.005.00
キャスト
5.005.00
音楽
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

さよならをもう一度の感想

投稿する

フランソワーズ・サガンの名作小説「ブラームスはお好き」の映画化作品「さよならをもう一度」

このイングリッド・バーグマン、イヴ・モンタン、アンソニー・パーキンスの豪華3大スター競演の映画「さよならをもう一度」は、言うまでもなくフランソワーズ・サガンの名作小説「ブラームスはお好き」の映画化作品で、私の大好きな俳優・トニ・パキことアンソニー・パーキンスが、カンヌ国際映画祭で主演男優賞を受賞した作品でもあるのです。 この「さよならをもう一度」には、いろいろな意味のある言葉だと思う。 「さよなら」は人生の中で、幾度も繰り返しあるものだともとれるし、今は「さよなら」をするけれども、いつの日か逢える、逢いたいという哀しい願いを込めた言葉ともとれます。 この映画の原題名「GOOBYE AGAIN」は、「HELLO AGAIN」と同じ意味なのかもしれない。 初めてこの映画を観たのは、もう随分前になりますが、その頃は、私にはまだ出逢いも別れも中途半端でしたが、今では「さよなら」という言葉が「別れ」の意味だけではないことを...この感想を読む

5.05.0
  • dreamerdreamer
  • 132view
  • 1773文字
PICKUP

さよならをもう一度に関連するタグ

さよならをもう一度が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ