ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,782件

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカのあらすじ・作品解説

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカは1981年に製作され1984年に公開されたアメリカ&イタリア合作によるギャングをテーマにした映画である。 原作はハリー・グレイの同名小説。 配給元はワーナー・ブラザーズ(アメリカ)/東宝東和(日本)。 なお、上映時間が5パターンあり、最長はレストア版の4時間20分弱。 「夕陽のガンマン」シリーズのセルジオ・レオーネが最後に監督を務めた作品としても知られている。 「タクシー・ドライバー」のロバート・デニーロが主役を務め、共演にジェムーズ・ウッズ、エリザベス・マクガヴァン、ラリー・ラップ、ジェニファー・コネリー、ジョー・ぺシらが脇を固めている。 また、作品としての評価も非常に高く、 (Yahoo!映画では星5点中/3.97点) この作品はアメリカに移住してきた若しユダヤ人のヌードルスがマックスと友人になったことでアウトローの世界へと入り込んでいくという物語である。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカの評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
4.504.50
脚本
4.504.50
キャスト
5.005.00
音楽
4.504.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカの感想

投稿する

誰だって、産まれる時代と場所は選べない。

禁酒法時代。この、外からは判らないノスタルジア。天下の悪法ともよばれ、その廃止をマフィアと聖職者がともに嘆いたと呼ばれる禁酒法。これは、その時代のど真ん中に運悪く生まれついたやつらの話だ。昔見た夢。掴みたかった未来。幸福。そして悪徳。そんなものを、生き延びてしまった老人が、繰り言のように夢を見る。そんな話だ。老人は、夢を見る。三度――。このヌードルスは、人生に三回大きく閉じこもる。少年時代に、現実から逃げるためにトイレの中に。仲間を殺した相手を射殺して、刑務所で。仲間を裏切って、アヘン窟へ逃げ込んで、世界から逃げ隠れて、そしてやっと今、産まれた街に帰ってくる。(ん、もしかしたらこの男、活動していた時間より、何もせずにひっそり閉じこもっていた期間の方が、遙かに長いんじゃないか?)そして、閉じこもった場所から出てくるたびに成長し、年を取り、世界がその明度を変えていく。少年時代は明るく、青年...この感想を読む

5.05.0
  • 蒼海堂蒼海堂
  • 146view
  • 1187文字
PICKUP

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカに関連するタグ

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ