評決のときのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

評決のとき

4.504.50
映像
4.00
脚本
5.00
キャスト
5.00
音楽
4.00
演出
4.00
感想数
1
観た人
1

評決のときの評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
4.004.00
脚本
5.005.00
キャスト
5.005.00
音楽
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

評決のときの感想

投稿する

大人気作家ジョン・グリシャム処女作の映画が面白くないわけがない!

アメリカの人種差別問題を取り上げた根っこの深いストーリー話の始まりはアメリカ南部のミシシッピ州クラントン(架空の街)で、白人の青年2人が黒人少女をレイプする事件が発生するところからです。黒人少女はレイプされるだけでなく激しい暴行を受けて重体になり病院に運ばれてしまいます。黒人少女をレイプした白人青年2人は逮捕されますが、黒人差別が強く残るこの地域では白人が正当に裁かれる可能性が低く、黒人少女の父親カール・リー・ヘイリー(サミュエル・L・ジャクソン)が馴染みの白人弁護士ジェイク・タイラー・ブリガンズ(マシュー・マコノヒー)に相談します。しかしカールは生まれも育ちも南部であり、法の機関である裁判所でさえ白人が黒人に対して犯す犯罪の評決が甘いことはわかりきっていました。ここでカールは娘をレイプした白人達の判断を裁判所に委ねるのではなく、自らの手で引導を渡すことを決意します。裁判所に連行される...この感想を読む

4.54.5
  • kmontanakmontana
  • 47view
  • 2126文字
PICKUP

評決のときに関連するタグ

評決のときが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ