アメリカン・グラフィティのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,720件

アメリカン・グラフィティのあらすじ・作品解説

アメリカン・グラフティは1973年に公開されたアメリカ映画である。 「スター・ウォーズ」シリーズで一躍有名になったジョージ・ルーカスが新人監督時代に出掛けた青春映画としても知られている。 1960代のアメリカ地方都市を舞台にし、さらにはアメリカ人なら誰もが経験する高校卒業後の旅立ちと青春を描いたテーマとして大ヒットを記録し当時の興行収入も1億1500万ドルという異例の額である。 まだ無名時代だったハリソン・フォードが作中でドラック・レースを提案する隣町の男・ボブ役で出演し、編集には当時ルーカスと結婚していたマーシア・グリフィンが、製作に「ゴッドファーザーⅠ・Ⅱ」のフランシス・フォード・コッポラがそれぞれ参加している。 この作品はカリフォルニアの小さな地方都市でカート、スティーブ、テリー、ミルナーという仲のいい4人の若者が「メルのドライブイン」という溜り場で4人で集まる最後の夜~朝方までを描く内容になっている。

アメリカン・グラフィティの評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
4.504.50
脚本
4.504.50
キャスト
4.504.50
音楽
5.005.00
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

アメリカン・グラフィティの感想

投稿する

青春時代の切なくてやるせない、あの懐かしい時代に戻ってしまいたくなる青春映画の金字塔 「アメリカン・グラフィティ」

今や、「アメ・グラ」と略称されるほど、映画ファンから愛され、親しまれている、この青春映画「アメリカン・グラフィティ」は、アメリカがヴェトナム戦争の泥沼を迎える前、ジョン・F・ケネディ大統領のもとで、まだ"アメリカン・ドリーム"を信じていた頃、カリフォルニアの小さな町に住むカート、スティーブ、テリー、ジョンの4人が、ハイスクールを卒業して、それぞれの世界に飛び立っていく前の一夜に体験した出来事を、並行して描いた、忘れ難い青春映画の金字塔的な名作だ。後に「ジョーズ」でブレイクし、「グッバイガール」でアカデミー主演男優賞を受賞したリチャード・ドレイファスが、文学青年でロマンチストのカートを演じている。その夜、偶然見かけた"白いサンダーバードの女"を女神だと思い、町中を追いかけて、小さなラジオ局にたどり着く。そこで出会うのが、何と伝説的なDJウルフマン・ジャック。彼が、大人の世界に踏み出すことに戸惑う...この感想を読む

4.54.5
  • 驟雨驟雨
  • 16view
  • 1132文字
PICKUP

アメリカン・グラフィティに関連するタグ

アメリカン・グラフィティを観た人はこんな映画も観ています

アメリカン・グラフィティが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ