スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,666件

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃のあらすじ・作品解説

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃は2002年公開、アメリカ合衆国製作によるSF戦記映画である。 「スター・ウォーズ」シリーズの五作目の実写作品だが時系列としては二作目にあたり、1999年公開の「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」の10年後を描いた作品である。 今作では、銀河共和国から離脱した新たな勢力との軋轢、その中で育まれたアナキンとパドメの愛、そして母シミとの別れに苦悩するアナキンという様々な要素をもとに、やがてクローン大戦へと突入していくまでを描いた作品である。 監督・脚本・製作総指揮は「インディ・ジョーンズ」シリーズでも有名なジョージ・ルーカスが担当した。 今作の主人公ともいえるアナキン役には2001年に「海辺の家」でゴールデングローブ助演男優賞にノミネートされたヘイデン・クリステンセンが新たに据えられ、師匠オビ=ワン役や元老院議員パドメ役は前作と同じユアン・マクレガーやナタリー・ポートマンが演じている。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
5.005.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.504.50
音楽
5.005.00
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃の感想

投稿する

面白いのに評価が微妙、スター・ウォーズ エピソード2の惜しいポイント

「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」は、ジャンゴ・フェットとオビ=ワン・ケノービの小惑星帯での宇宙戦や、追い詰められたアナキン達が繰り広げる闘技場でのバトル、その後のクローン対ドローンの大規模戦闘、ドゥークー伯爵とヨーダのフォース戦など見所が盛り沢山であり、私も大好きな映画です。しかしながらこの映画は、評論家の間でも一般人の間でもあまり高い評価を得ているとはいえません。こんなに良いシーンが目白押しであり、スターウォーズというビックタイトルであるにもかかわらず、なぜ高評価を得ることができなかったのでしょうか。ここではあえてその惜しいポイントを挙げることで、その原因を探っていきたいと思います。エピソード1との差が大きすぎるエピソード1は、主人公が子供であり、シナリオもポッドレースや終盤のアナキン無双など、分かりやすく痛快なものとなっていました。もっともダースモール戦などダークな...この感想を読む

5.05.0
  • mux9mux9
  • 8view
  • 2088文字
PICKUP

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃の登場キャラクター

ドゥークー

ニックネーム:ドゥークー伯爵、ダース・ティラヌス 身長:196cm 性別:男性 所属:シス、独立星系連合 特徴:高齢で長身の白人男性 能力:対ライトセーバー専用フォーム「マカーシ」の使い手、フォース・ライトニング 武器:ライトセーバー 経歴:クワイ=ガン・ジンの師であり、ヨーダの弟子 演者:クリストファー・リ...

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃に関連するタグ

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ