凪のあすからのあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,465件

凪のあすから

4.674.67
映像
4.67
ストーリー
4.67
キャラクター
4.17
声優
4.50
音楽
4.50
感想数
3
観た人
5

凪のあすからのあらすじ・作品解説

『凪のあすから』は、漫画雑誌『月刊コミック電撃大王』とP.A.WORKSとのコラボレーション企画として、同誌の10月号にて製作が発表され、2013年10月から2014年4月まで放送された日本のオリジナルアニメで、略称は「凪あす」。 P.A.WORKS代表取締役の堀川憲司の「若いスタッフがやりたいものを」という案からこの企画が始まり、同誌を出版しているアスキー・メディアワークスにも話を持ちかけた結果、2社によるこのアニメの共同制作が実現した。また、2013年6月より同誌で漫画先行で作品が公開された。 人間は昔は海に住んでいたが、今は陸と海にわかれそれぞれ生活しているというファンタジーな世界が舞台で、7人の少年少女が心を通わせぶつかり合い、そんな潮の満ち引きのように揺れ動くそれぞれの心を描く物語である。また、物語は2部構成となっており、第1部では、7人の少年少女達の出会いを、第2部では、それから5年後の世界が描かれている。

凪のあすからの評価

総合評価
4.674.67
(3件)
映像
4.674.67
ストーリー
4.674.67
キャラクター
4.174.17
声優
4.504.50
音楽
4.504.50

評価分布をもっと見る

凪のあすからの感想

投稿する

現実とは違う世界だからこそ、視聴者に活力を与えてくれる作品でした

海で人が生活しているという設定がステキ!「凪のあすから」を見始めたきっかけになったのは、視聴する前にあらすじを読んでいて、陸で生活する人と海の中で生活する人がいるという設定に惹かれたことが第一の理由でした。やっぱりアニメには実写では見れないような世界観とか表現ができることが魅力だと思いますし、もともとP.A.WORKSの作品って映像がキレイで好みなので、それだけで視聴は決定しました。ただ、陸の学校に転校してきた主人公・光を含む海の街出身の4人と、陸の学校の生徒たちが対立していったり、主人公が好きな幼馴染のまなかは陸に対して憧れや陸イケメンの紡が気になったりする初期のストーリーは、まぁこの設定としては想像の範囲内の展開だな~とは思っていたのですが、光の姉のあかりが陸で暮らす男性と恋人関係だったことが発覚したあたりから、一気に楽しみになりました(笑)。人生って選択の連続。何かを選択すると、別の道はあ...この感想を読む

5.05.0
  • remuremu
  • 15view
  • 2066文字
PICKUP

やりきった感の出るアニメ

すごく綺麗で美しい映像当時のクールアニメで何を見ようかと調べていた時に凪のあすからを見てすごくきれいな映像だなあと最初に思いました。実際アニメを見ていても作品上海を陸から見ている映像や海の中の映像がたくさん映し出されますが、どれもがきらきら輝いていたり不安が広がったりそのときのストーリーに沿った見え方がしていました。ただきれいなだけではなくて、その時その時のストーリーに合わせてあってそれがより作品としての質をあげているのだと思いました。背景だけでなくキャラクターたちの喜怒哀楽もしっかりと表現されていて、声優さんの演技との相乗効果でものすごく画面に引き込まれていきました。たくさんのキャラクターからなる人間関係凪のあすからという作品の1つのテーマが人間関係なのかなと思います。最初は陸と海それぞれの人たちに壁があったのでそういった人間関係。そして後半からは特にですが恋愛関係もごちゃごちゃしつつ...この感想を読む

5.05.0
  • れいらんれいらん
  • 10view
  • 1064文字

綺麗だけでは終わらなかった

綺麗すぎるほどの綺麗さ……でも海の中に暮らす人びとと、陸に暮らす人たちがいる世界。まずは海の中の綺麗さに感動しました!背景にこだわっているアニメ大好きです。魚が泳ぐ姿もまるで飛んでいるようでファンタジーらしさも前面にでていてすごくいい!あとものすごく料理が美味しそうで、夜中に見るのは辛かった(笑)ぶっちゃけ最初はとても綺麗だな癒されそうなアニメだなって見始めたらとても期待を裏切られました!すごく良い意味で。綺麗な作画に似合わない細かな心理描写や物語がたんなる萌えや癒しアニメではなくしたんだと思います。甘酸っぱい恋7人の少年少女の恋の物語でもあるこのアニメ。それぞれに精一杯考えて一生懸命恋をしている姿をみるとたまに切なくなります。1話は光とまなかのやりとりがかわいくってきゅんってしてしまいました。でもちさきや要のように周囲を想うからこそ一歩踏み出せずにいることにもすごく共感できます。陸の人間...この感想を読む

4.04.0
  • ころなころな
  • 14view
  • 1170文字

凪のあすからの登場キャラクター

伊佐木要

よみがな:いさきかなめ ニックネーム:かなめ 年齢(作品時):14歳 身長:164cm 性別:男 住まい:汐鹿生 性格:理知的な性格で飄々としており、一歩引いた目線から光たちを見守っている。 特徴:一歩引いた目線で幼馴染を見守るポジションだが、時折毒のある発言をすることも。 CV.:逢坂良太 家族構成:不明 主人公...

比良平ちさき

よみがな:ひらだいらちさき ニックネーム:ちぃちゃん 年齢(作品時):14 性別:女性 住まい:汐鹿生 性格:人見知りなところもあるが、自然とすぐ打ち解ける明るい性格 特徴:青い長い髪 価値観:変わっていくことを拒否している 物語上での目的:看護師になること トラウマ:両親や光たちが冬眠してしまったこと

向井戸まなか

よみがな:むかいどまなか ニックネーム:まなか 年齢(作品時):14歳 身長:152cm 性別:女 住まい:汐鹿生 性格:優柔不断で臆病な面があるものの、何事にも一生懸命。 特徴:地上の漁師に釣り上げられてしまうほどの天然で、幼馴染の中では末っ子のようなポジション。 CV.:花澤香菜 立ち位置:本作のメインヒロイン

キャラをもっと見る(6件)

凪のあすからの名言

この場所に居たいのは、その方が楽だからだよね?別の場所に少しでも憧れを持ってしまえば、辛くなるから。

伊佐木要

海出身の4人組は海の学校が廃校になってしまったたため、陸の学校に転校した。 ずっと幼馴染の4人組の関係は変わらないと思っていたはずなのに、 陸の人間にその中の1人の女の子、まなかが惹かれ、 4人をとりまく環境はどんどん変わっていく。 ずっと今まで通りの4人の関係でいられなくなると悩む もう一人の女の子、ちさきは母校の海の中学校で 「変わりたくない」と要話す。 要も自分に言い聞かせるように言うのだった。

関係ないからだよ。自分にとって大切じゃない、関係のないやつらに、なんて思われたってかまわないんだ。

潮留美海

美海がいじめられていても何も反論しなかったので、クラスメイトがなぜ反論しないのかと尋ねた。その返答のシーンである。

関係ないからだよ。自分にとって大切じゃない、関係のないやつらに、どう思われたってかまわないんだ。

潮留美海

美海がいじめられていてのに何も反論しなかったので、クラスメイトのさゆがなぜ反論しないのかと理由を尋ねる。これはその返答のセリフである。

名言をもっと見る(5件)

凪のあすからに関連するタグ

凪のあすからを観た人はこんなアニメも観ています

凪のあすからが好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ