イナズマイレブンGOのあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,469件

イナズマイレブンGO

4.754.75
映像
4.75
ストーリー
4.50
キャラクター
4.75
声優
4.75
音楽
5.00
感想数
2
観た人
3

イナズマイレブンGOのあらすじ・作品解説

イナズマイレブンGOは2011年5月から2014年3月まで放送された、ニンテンドーDS用収集・育成サッカーRPGを原作としたテレビアニメーション作品である。「イナズマイレブン」の続編であり、本作は第1期、第2期クロノ・ストーン、第3期ギャラクシーにわかれており、テレビ東京系列で放送された。 登場人物は、主人公の円堂守、松風天馬、剣城京介などがあげられる。 前作の「イナズマイレブン」で弱小サッカーチームだったクラブが世界大会で優勝してから10年後から物語は始まる。日本ではサッカー人気があがり、日本代表イナズマイレブンを数多く輩出した雷門中学校はサッカーの名門校となる。 サッカー大好き少年の松風天馬は雷門中学校に入学し、早速サッカー部に入部を決意。しかし、全国のサッカーを支配する「フィフスセクター」に勝敗から得点まですべて管理されていることを知る。自分が憧れていたあの頃のサッカーを取り戻すべく、新たなメンバーと立ち向かう姿を描いた作品である。

イナズマイレブンGOの評価

総合評価
4.754.75
(2件)
映像
4.754.75
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.754.75
声優
4.754.75
音楽
5.005.00

評価分布をもっと見る

イナズマイレブンGOの感想

投稿する

支配されたサッカーを取り戻せ!

ド派手な必殺技で話題になったサッカーアニメ・イナズマイレブンの新シリーズです。今回はサッカーへの想いが形となって現れた「化身」も登場。試合はますます派手になり、もはやサッカーとは呼べないかも(笑)このBOXでは、フィフスセクターなる組織に管理・支配された少年サッカーを、主人公たち雷門中イレブンが取り戻す戦いが収録されています。主人公の天馬が、サッカー初心者ながら強い気持ちと目一杯の努力で周囲に革命(かぜ)を起こしていくのですが、あまりの前途多難っぷりに見ているだけで胸が痛くなる。序盤はかなり暗い雰囲気です。でも本編の状況が良くなるにつれ、OP映像で青空が広がっていったり、アイキャッチジングルの人数が増えていったり、細かい所にもジーンとさせる演出がされています。子供向けとはいえ単純な努力・友情・勝利の物語じゃなく、色々考えさせられました。正直、本放送よりBOXでまとめて観た方が面白かったです。この感想を読む

4.54.5
  • すけたすけた
  • 47view
  • 401文字

イナズマイレブンGOの登場キャラクター

松風天馬

よみがな:まつかぜ てんま 年齢(作品時):中学1年生 性別:男性 国籍:日本 所属:サッカー部(第1期の新雲学園戦後から雷門中サッカー部キャプテンを任される。) 性格:常に前向きで素直な性格。たびたびサッカーを擬人化する癖があり、当初はそれが原因で部員から茶化されることもあった。 特徴:風のなびきを連...

速水鶴正

よみがな:はやみ つるまさ 年齢(作品時):中学3年生 性別:男性 国籍:日本 所属:サッカー部 性格:チーム一の俊足だが、気が弱くいつもおどおどしたネガティブ思考の持ち主で、場の雰囲気に流されて行動することが多い。浜野と行動を共にしていることが多い。 第2期では三国志の大ファンと言うこと明かされ、三...

倉間典人

よみがな:くらま のりひと 年齢(作品時):中学2年生 性別:男性 国籍:日本 所属:サッカー部 性格:捻くれた性格で素直ではないが、アニメの第2期では動く兵馬俑を見て悲鳴を上げるなど、怖がりな所がある。 南沢が退部した時には天馬に対し「俺たちのサッカーを潰そうとしているのはお前だ」と言うこともあった...

キャラをもっと見る(13件)

イナズマイレブンGOの名言

やってみなきゃ出来るか出来ないかなんて分からないんだ!

速水鶴正

幼少期から自ら挑戦することを恐れて生きてきた少年が、試合中に勇気を振り絞って新たな技を発動した際に発したセリフです。

阻む向かい風も、乗ってしまえば追い風になる。

松風天馬

自分で努力していて壁を乗り越えていくときに仲間に言った言葉

本当の強さは、こんなことじゃない! 自分が恐れていることから、逃げずに向き合えることだ!

松風天馬

自分と向き合うことから逃げていたチームメイトに対して言った言葉

名言をもっと見る(11件)

イナズマイレブンGOに関連するタグ

イナズマイレブンGOを観た人はこんなアニメも観ています

イナズマイレブンGOが好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ