澄んだブルーに魅せられてのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,319件

澄んだブルーに魅せられて

1.001.00
文章力
1.00
ストーリー
1.00
キャラクター
1.00
設定
1.00
演出
1.00
感想数
1
読んだ人
1

澄んだブルーに魅せられての評価

総合評価
1.001.00
(1件)
文章力
1.001.00
ストーリー
1.001.00
キャラクター
1.001.00
設定
1.001.00
演出
1.001.00

評価分布をもっと見る

澄んだブルーに魅せられての感想

投稿する

IJ作品にしては詰めが甘く、味気のないストーリー

登場人物の関係性の底の浅さアイリス・ジョハンセンシリーズは数多く読んできた。復顔彫刻家イブ・ダンカンシリーズや、「スワンの怒り」「真夜中のあとで」など、ロマンスやサスペンスに満ち溢れたストーリーがいつも魅力的で、毎回ページをめくる手が止められずに一気に読めるものだった。またそれぞれの登場人物たちもいい。イブ・ダンカンはもとより、イブにいつも連れ添うジョー、災害救助犬モンティを引き連れて世界を走り回るサラ。「スワンの怒り」のタネク、限りなく深い哀しみを背負いながらも最高の美女に生まれ変わったネルなど枚挙に暇がない。それに比べて今回の「澄んだブルーに魅せられて」の登場人物たちにはどうもそれほどの魅力を感じなかった。まず主人公のケイト。教育を受けたことがないながらも生まれもった明晰さで世の中を渡る強い女性ではあるのだけど、どうもそこに深みが感じない。そんな環境で生きてきたならば相当な苦労をし...この感想を読む

1.01.0
  • miyayokomiyayoko
  • 8view
  • 3341文字
PICKUP

澄んだブルーに魅せられてに関連するタグ

澄んだブルーに魅せられてを読んだ人はこんな小説も読んでいます

澄んだブルーに魅せられてが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ