蒼月紫暮 - うしおととらのキャラクター

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,119件

うしおととら

4.504.50
画力
4.50
ストーリー
4.25
キャラクター
4.75
設定
4.25
演出
4.25
感想数
2
読んだ人
10

蒼月紫暮のプロフィール

本名蒼月紫暮
よみがなあおつきしぐれ
年齢(作品時)48
性別
国籍日本
住まい恩施山覇風寺 住職
所属光覇明宗最強クラスの法力僧
性格ふざけた父親だか決めるとこは決める
趣味
特技ぎしり
物語上での目的息子が槍の使い手と分かり旅に出す。お役目の妻を外から守る

うしおととらの他の登場キャラクター

うしおととらの感想

自己犠牲のインフレと、日本人気質の関連性。そして世界へ。

うしおー!無茶しすぎィー!!うしおは無茶な男だ。いや、無茶な少年である。彼は中学生、まだまだコドモに過ぎない一介の少年なのだ。しかし槍に選ばれた、それだけでまたどえらい無茶をしていく。アクションマンガであるということはそりゃ知ってるさ。それにしたってアナタ、切れてる!折れてる!炭化してる(足)!周りのキャラクターの無理もなんのその、うしおの無茶は作品随一である。他の無茶と言えば、とらが飛行機を着地させたくらいか。あれは確かに無茶だった。しかし、ほかのキャラクターはそれなりに「自分のキャパシティ」を意識している部分がある。自分の限界を超えた活躍をしたキャラクターにはその当然の結果として「死」が訪れる。鏢、凶羅は、明らかに自らの身体の限度を突破した。二人の死には精神的な面もまとわりついている。特に鏢については、目的を達成した解放感もあるかとは思う。その点、やはり彼らは人間であり、「我々側」...この感想を読む

4.54.5
  • 中山今中山今
  • 52view
  • 3018文字
PICKUP

うしおととらが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ