ぽちぽちぽちぽちぽちぽちぽち - バガボンドの感想

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,135件

バガボンド

4.384.38
画力
4.63
ストーリー
4.50
キャラクター
4.13
設定
4.50
演出
4.38
感想数
4
読んだ人
15

ぽちぽちぽちぽちぽちぽちぽち

3.03.0
画力
4.0
ストーリー
3.0
キャラクター
2.5
設定
3.0
演出
3.5

Vagabondは本当に深くて面白いことを望んでいますが、それを得るのに十分なほどではありません。

プロットは、剣の方法が何を意味するかを学び、負け、勝つ、難しく相手と戦って、土地で最強になろうとしているいくつかの放浪武士に従います。.. そうでないまでは同じことをする別の男に切り替わり、その後彼がするすべてのことで失敗している別の男に移ります。.. そして、このすべてのように、あなたは物事が起こっているときの良いアイデアを持っていないので、それは瞬時に過去から現在に行くでしょう。 私が言おうとしているのは、プロットは非常にシンプルですが、時間と視点のスキップによって非常に乱雑になり、注意を払わなければ見逃しやすい あなたはそこまで取得して喜んでいる場合は、しかし、すべてが接続する時間によってそれをすべてを取得してしまいます。

This cartoon character is one of the biggest things I don't understand/like about it. Our main MC is a hothead who only wants to be the strongest, but as he goes on his journey, how much time and time does he have to learn So do you expect him to grow from that right? Well, after chapter 200, he is almost the same person, only strong. It's always frustrating to see a character that needs to change and grow stagnant for a long time, especially when the story is looking to grow. All the other characters are just as flat as no one has made any real considerable changes in the entire 200 chapters. The worst part about all of it is that the characters I didn't want to root for them. Nothing about them really draws or you have great ideals that you can relate to. So it's really hard to engage in a story to hear what it's saying.
In terms of character design, many of them, I think, are meant because the author was going for a realistic feel, but it confuses things and the motivation of the character is almost always the same, like every single character, which is also pretty annoying.

even in terms of themes, the story feels very inconsistent. i'm not sure i'm supposed to believe about the whole "sword road" because no one practices any of the raised ideals. i think the author may be saying that it is up to the individual reader to make that choice, but you take no stance for something for this long the father does not want his son to be a swordsman because it brings only death and sadness at the end,it looks like the first arc is telling us,but after he finds his son likes the fight, he says he loves swords because it made his son stronger? what is the audience supposed to take away from it?

I really think the only thing that can give Vagabond admiration is its art, which is pretty nice most of the time. You can tell a lot of the time it was spent to look really nice with all the details out there, but it's me stuck in this comic

Overall, Vagabond is a seminal story hidden behind its art. The characters are flat, the plot is everywhere, and it's not thematic as to where you want to go. No character really pulls you, nor is it something in the plot, so when you're focusing on something else, it feels just like you're casually watching a movie on the side. I might recommend this cartoon if you're into it because it still has it's great art, but other than that, it

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

他のレビュアーの感想・評価

見た者の人生観を変える天下無双の放浪劇

見る人を魅了する圧倒的な描画本作に出会って,私は改めて「漫画」の素晴らしさを実感した。「宮本武蔵」については,これまでも小説やドラマ,映画,漫画など,多くの媒体を通して伝えられてきた。その名前を知らない者は日本にはほとんどいないだろう。ストーリーを伝えるだけなら小説でも良いし,宮本武蔵についての知識は歴代の作品や,文書を見れば分かることであろう。そういう視点で考えると,「改まってバガボンドを見る意味はないのではないか…」と思う人もいるかもしれない。しかし,私はこの意見を真っ向から否定する。「井上雄彦」が描く「バガボンド」という作品は,単に宮本武蔵の人生を説明するだけのものではないのだ。井上雄彦が描く1本1本の線は力強さと繊細さを兼ね揃えており,風景,建造物,人物の細かい表情や心情まで美しく描写している。写実的な画風が時に残酷,あるいは生々しく感じるシーンもあるかもしれないが,それ以上に引...この感想を読む

5.05.0
  • kiokutokiokuto
  • 260view
  • 3332文字
PICKUP

「仏教的なモノ」になる武蔵

悩む武蔵宮本武蔵といえば,毎日剣の研鑽に励み,女子供には目もくれず,一心不乱に「天下無双」を追い求める姿が目に浮かぶ。その姿はまさに「かっこいい男」といえる。しかし,この作品を読んでいくと,宝蔵院胤舜との出会いあたりから,その「かっこいい男」像はだんだんとずれていく。生死の狭間,すなわち,「殺し合いの螺旋」による苦しみと向き合いながらも成長する武蔵が,この作品には描かれている。その苦しみに相対する上で重要な役割を果たすのが沢庵や柳生石舟斎だ。いや,彼らというよりも,彼らの背景にある仏教思想といえる。「時々刻々と変化するこの世の中で確かなものなど一つもない」と教える仏教思想を,沢庵と柳生石舟斎は折に触れて武蔵に教えていく。「仏教的なモノ」と「そうでないモノ」この作品を読んでいて面白いのは,「仏教的なモノ」と「そうでないモノ」がはっきりしているところだ。そして,この両者にたびたび出会うこと...この感想を読む

5.05.0
  • aniccaanicca
  • 215view
  • 2013文字

スラムダンクを描いた井上敏彦が描いた宮本武蔵と佐々木小次郎の物語

絵のタッチがきれいすぎる井上敏彦先生の代表作、スラムダンクやリアルなどが好きな人はまず、間違いなくはまります。また、歴史系が好きで代表作を読んでいない方が読んでも他の歴史系では見たことない絵のタッチに間違いなく感動します。画力がやはり他者とは比べることができないぐらい群を抜いています。漫画を読む際に、やはり絵の好き嫌いは大いに関わってきます。最近の漫画ではあまり画力がすごいと思うような作品は正直少ないなか、バガボンドは剣術や背景、人間すべてにおいて、きれいすぎます。文字を読まなくても絵だけで展開が分かるぐらい細々したところまで描写されており、表情一つでその感情が読み手に伝わってくる素晴らしい作品です。使い古されたネタなのに新鮮宮本武蔵や佐々木小次郎は小説、ドラマ、漫画、アニメなど様々な分野で使い古されたネタと言っても過言ではないと思います。実際多く人が巌流島の対決と言えば宮本武蔵、佐々...この感想を読む

4.54.5
  • マサマサ
  • 105view
  • 1114文字

感想をもっと見る(4件)

関連するタグ

バガボンドを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

バガボンドが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ