延々と続けさせられた作品ながら - ドラゴンボールの感想

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,121件

ドラゴンボール

4.604.60
画力
4.70
ストーリー
4.60
キャラクター
4.70
設定
4.30
演出
4.50
感想数
5
読んだ人
57

延々と続けさせられた作品ながら

4.54.5
画力
5.0
ストーリー
4.5
キャラクター
4.0
設定
4.0
演出
5.0

作者はすべてが収束するフリーザ編で終わらす筈が、掲載紙の看板を張る人気により継続させられ、整合を欠く結果となったのは否めない。

当時地球最強の孫悟空とピッコロの暫定(呉越同舟とも)コンビでもラディッツに敵わなかった時のように強さのインフレを感じさせた、フリーザに勝った超サイヤ人も人造人間には敵わなかった件だが、フリーザは普段から戦闘力が53万あり、かつ三度変身してその度に強くなる。サイヤ人編ではまだ宇宙を含めた世界観は明らかになっていなかったので、宇宙は広いと漠然と思った。しかし12万のギニュー(精神と一致しなくとも戦闘力がそれだけある、あの紫の鬼のようなボディの元の持ち主は53万以上ではないかというのは置いておく)が隊長を務める特戦隊が突然変異で生まれた天才集団、宇宙中から集められたという。地球の科学で常人がそこまで強くなれれば、科学文明の発達した星はどこでも戦闘力5の者をフリーザ以上にできると思う。それとインフレ歓迎の戦闘力考察サイトでもメカフリーザの戦闘力は倍にもなっていない。

サイヤ人編ではべジータの1万8千が最高、大猿の時も18万(因みにパワーボールと酸素による月では伸び率はやや下らしい。実際には15万程か)。超サイヤ人となった悟空と相対した20号(ドクターゲロ)は別次元の強さを見た気がしたように思えず、人造人間編の人造人間で最も戦闘力の低い19号でもフリーザ以上という意見もある。苦しい話の紡ぎ方と言わざるを得ない。

ブウ編では界王神の言葉からフリーザ並の実力者はそう珍しくないことになった。ああも宇宙最強にフリーザが拘泥していたのは何なのかと思った。それと仮にもブウ対策を構じた界王神が一撃で倒せるフリーザを放置していたことにもなった(どちらも宇宙の無辜の民を殺めていたことに違いはない)。人造人間編で1億歳以上の(北の)界王は地球に大変なことが起きるといったが、太古の昔のブウを思えばどの星にも云える。

ともあれ、作者の力量で読めるのは確か。担当の発言で敵が転々とした人造人間編も苦しいと思わせない。純粋ブウとの決着時のべジータの台詞も忘れられない。

連載終了後作品世界はさらに(無茶な)広がりを見せる。老界王神をゼットソードに封印した相手については悪さについてはブウ程でなかったという擁護もある。しかし「ドラゴンボール」の世界観では敵の悪さと強さは同義。ファンなればこそ、苦しい擁護はよしてほしい。

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

他のレビュアーの感想・評価

戦闘力と疑問点についての考察

悟空と地球人について悟空は幼い頃に惑星ベジータから地球に送られてきた。もっとも銀河パトロールジャコで明らかになったように悟空はバータックがフリーザから逃がすために地球に送られたので、実際には悟空は地球を滅ぼすといったような命令はされてなかった。しかしラディッツは地球のようなレベルの低い赤ん坊を送り込むと言っていたように、実際問題、子どもの悟空は地球人を滅ぼすことができたのだろうか。結論から言うと、絶滅させることは無理なように思える。もちろん本来は地球にいるはずのないナメック星人のピッコロなどを除いても、天下一武道会でも亀仙人が成り済ましたジャッキーチュンや天津飯に敗れているようでは無理のおように思える。しかし理由もあるように思える。ひとつは小さいころに頭を打った後遺症による戦闘力の低下。凶暴さがなくなったことが戦闘力の低下につながったのではないかと思う。もう一つは地球の情報をそれほど知...この感想を読む

4.54.5
  • フクロウフクロウ
  • 75view
  • 2135文字
PICKUP

ヤムチャについて語ります。

ヤムチャは最初悪者だった。ほとんどのドラゴンボールユーザーは忘れているかもしれませんが、ヤムチャは昔悪者でした。でも初期の初期の悪者はその後いい奴になるというのはマンガ界でもおなじみのことです。ドラゴンクエストでいうところの最初の悪党、スライムみたいなものでしょうか?結局なんだかんだで彼は悟空の仲間になり、ヒロイン的存在のブルマと恋人関係になりますが、これが後に物凄いショックをもたらすということは全然その時は予想もしてませんでした。ヤムチャは一番人間らしい。よく地球で最強はクリリンと言われていますが、クリリンも地球人なのかどうなのか時折不思議になります。そもそも鼻はどこにあるのでしょうか。いえ、あの世界は不思議な生き物も地球人として扱っているのでクリリンも地球人なのかもしれませんが、それにしては強すぎるかもしれないです。そこで普通の人間ができる限界値を考えるとヤムチャは一番人間らしく思...この感想を読む

4.54.5
  • ロココロココ
  • 63view
  • 1032文字

永遠のヒーロー

ドラゴンボールといえば鳥山明先生の代表作ですね。漫画の王道であるバトルマンガを確立したのもこの先生といっても過言ではないでしょう。普通のバトルマンガだと主人公は歳をとらないものですが、ドラゴンボールは歳を取るにつれて強く成長し、たくましく、そしてかっこよくなっていきます。そして、この作品の他とは違うところはもう一つ。主人公が死んでも作品が終わらないことです。もはや死後の世界まで登場し、ドラゴンボールによって生き返るのです。なんでもありなように感じますが、鳥山明先生の面白い人間性が出ていると思います。また、ドラゴンボールの魅力の一つは多くのライバルでしょう。言わずと知れた永遠のライバルベジータをはじめ、クリリンやヤムチャなどの地球人から宇宙人まで。そして息子や孫まで切磋琢磨するライバルです。これだけのライバルに囲まれているから悟空はいつまでも最強なんでしょうね。最後に、ドラゴンボールは原...この感想を読む

4.54.5
  • まみ。、まみ。、
  • 30view
  • 568文字

感想をもっと見る(5件)

関連するタグ

ドラゴンボールを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

人気のバトル漫画ランキング

人気の集英社漫画ランキング

ドラゴンボールが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ