ドラゴンボール改[DRAGON BALL KAI]のあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,466件

ドラゴンボール改[DRAGON BALL KAI]

4.384.38
映像
4.25
ストーリー
4.50
キャラクター
4.25
声優
4.25
音楽
3.88
感想数
4
観た人
7

ドラゴンボール改[DRAGON BALL KAI]のあらすじ・作品解説

ドラゴンボール改[DRAGONBALLKAI]とは鳥山明作のドラゴンボールZのデジタルリマスター再編集版としてフジテレビ系列で放送されたテレビアニメである。Zの時は原作に追いつかないように、回想シーンを多様していたが、改の時は原作が完結しているため、回想シーンのないより原作に近い構成になっており、ベジータ、フリーザ、セル、ブウとのいった敵と戦う事になっていく。 声優が亡くなったり、引退後している事もあり、大幅に変更になっている。そして今回の改のキャスティングがのちの映画のキャスティングの基本となっている。 Zの時は血を吐くシーンや暴力的なシーンでも比較的そのまま放送されていたが、放送倫理の変化に伴い削除されている。また、看護婦から看護師のように名前が変わった資格なども修正されている。 2009年9月よりDVD及びBlueRayで発売されている。その他CDやテレビゲームも発売されている。東日本大震災の影響で映画が上映されていない福島県でもDVDは発売されている。

ドラゴンボール改[DRAGON BALL KAI]の評価

総合評価
4.384.38
(4件)
映像
4.254.25
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.254.25
声優
4.254.25
音楽
3.883.88

評価分布をもっと見る

ドラゴンボール改[DRAGON BALL KAI]の感想

投稿する

それぞれの強さの疑問点についての考察

地球人たちの強さについて久々に天下一武道会に参加した時にヤムチャがクリリンの娘に対してお父さんは地球人の中で一番強いと言っていたが、はたしてクリリンが本当に最強なのであろうか。考えていきたいと思う。ヤムチャがこのように言っていたのはクリリンの娘であるマーロンを安心させるためでもあったかもしれない。もしくはあの天下一武道会に出場しているメンバーではという意味がいったのかもしれない。しかし、気を感じることができるヤムチャであるので、だれが最強であるのかは一目瞭然であると思う。悟空、ベジータ、悟飯たちはサイヤ人、ピッコロはナメック星人、18号は人造人間であるため、当然それ以外の人たちと比べてということになるが、その人たちを除くと、悟空の仲間たちの地球人で戦闘するのはクリリンのほかに天津飯、ヤムチャ本人、餃子であるが、この中でクリリンより上の可能性もあるのが唯一天津飯であると思う。むかしは天津飯...この感想を読む

4.04.0
  • フクロウフクロウ
  • 23view
  • 2081文字
PICKUP

従来の作品との違い

バトルシーン分析KAIのバトルシーンを分析してみれば分かるが、前のシーンよりも映像もきれいで細かい。映像は日々進化しているので当たり前であるが、やはり細かい部分までしっかりと描写されているので見ていてわかりやすい。一つ一つのバトルシーンでは音楽、効果音がしっかりと映像とあっている。そこが見ていて気持ちが高ぶったり、注目のシーンだというのがわかる。音楽と効果音だけでも、大事なシーンが理解できるほど、すばらしい。相手が強い時は決まった音楽を流し、バトルシーンがより壮大になる。サイヤ人の登場シーンが例にあたる。魔人ブーとの戦いは手に汗を握らせる。それはやはり、行動と発言のときにあった音楽と効果音の影響だろう。18号対ゴテン、トランクスの時はとくにそうだ。一つ一つのパンチに大きな効果があり、音楽もテンポが速く壮大である。さらに、バトルシーンもただ、戦うだけではない。セルのときはゲームのような状況に...この感想を読む

4.04.0
  • 蓮華蓮華
  • 16view
  • 2015文字

努力することと人間性を磨くことのモチベーションに最適なアニメ

大切なことが学べるアニメアニメとしてのクオリティももちろん高いです。単純にストーリーを追っていっても十分に楽しむことが出来るけれど、それ以上に人生における大切な教訓を学ぶことが出来るアニメでもあります。とにかく、いろいろな要素が詰まっています。なので、ぜひ多くの人に、特に子供たちに観て欲しいアニメです。そして、ドラゴンボール改で学んだ教訓を大切にして立派な大人になってほしいと思います。私自身も子供のころに漫画のドラゴンボールを読みましたが、その頃はまだストーリーを楽しむだけでした。キャラクターが好きだったり、次々と強い敵が現れてハラハラしたり、その強敵を倒していく悟空たちに興奮したり、その程度でした。大人になってからドラゴンボール改をアニメで観て、この作品の本当の素晴らしさがわかるようになりました。上を目指してひたむきに努力する姿勢が素晴らしかったり、孫悟空の純粋さや人柄は何よりも立派...この感想を読む

4.54.5
  • ウィルウィル
  • 20view
  • 2215文字

感想をもっと見る(4件)

ドラゴンボール改[DRAGON BALL KAI]の登場キャラクター

孫悟空

よみがな:そんごくう ニックネーム:カカロット 性別:男 性格:元気で明るく、朗らかな性格 趣味:強い相手を見つけて闘うこと 癖:自分のことをオラと呼ぶ 好きな食べ物:ない 嫌いな食べ物:ない 物語上での目的:主人公で魔人ぶうなど悪い相手と戦い、勝利する 種類:サイヤ人 子供:孫悟飯、孫悟天

ミスター・サタン

よみがな:みすたー・さたん 身長:188cm 体重:94kg 性別:男 性格:実力に自信がある、自己顕示欲が強い 趣味:ゴルフ、オークション 好きな食べ物:高級ステーキ 好きな乗り物:サタンモデルの高級車 エイジ:736年生まれ 娘:ビーデル 種類:地球人

ベジータ

よみがな:べじーた 年齢(作品時):29 身長:164cm 体重:56kg 性別:男性 住まい:地球 性格:一匹狼 趣味:トレーニング 好きな食べ物:なし 嫌いな食べ物:なし

キャラをもっと見る(7件)

ドラゴンボール改[DRAGON BALL KAI]の名言

落ちこぼれだって努力すりゃ、エリートを超えることがあるかもよ

孫悟空

地球に来襲したときのベジータ(終生のライバルでエリート戦士)と対決したときの悟空の台詞

だが、あいつはちがう。 勝つために闘うんじゃない。 絶対負けないために、限界を極め続け闘うんだ。

ベジータ

最強の敵、魔人ブーを倒すため闘っている孫悟空を見て、今まで自分が最強でエリートで、サイヤ人の王子だと言っていたベジータが、初めてライバルの孫悟空に脱帽し、お前がナンバーワンだと認める場面。

頑張れ カカロット。 お前がナンバーワンだ!

ベジータ

魔人ブウとの戦いで、いつも自分が一番強いと自負していたベジータがブウとの闘いに敗れ、悟空を認めて応援した。

名言をもっと見る(14件)

ドラゴンボール改[DRAGON BALL KAI]に関連するタグ

ドラゴンボール改[DRAGON BALL KAI]を観た人はこんなアニメも観ています

人気のバトルアニメランキング

人気のHappinet(SB)(D)アニメランキング

ドラゴンボール改[DRAGON BALL KAI]が好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ