きっとハッピーエンドになると期待しながら読めるマンガ - 満月をさがしての感想

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,114件

満月をさがして

4.254.25
画力
4.13
ストーリー
4.13
キャラクター
4.38
設定
3.88
演出
3.63
感想数
4
読んだ人
8

きっとハッピーエンドになると期待しながら読めるマンガ

4.04.0
画力
4.0
ストーリー
3.0
キャラクター
4.0
設定
3.0
演出
3.5

目次

のどを手術しなけりゃ死ぬってなんだ

ちょっとわからないのが、死にかかわるのどを病気ってたぶんただのポリープじゃなくてガンなんだろうけど、現実味うすい感じがしますね。いや、マンガなんですけどね(笑)往診で診てもらってるって…それくらい末期…?とかそういう余計な設定に頭がいってしまう…若王子先生もさ、いや、ミュージシャンだったのに医者って…どんだけ頭がよかったんだよ、つーか年齢って実は何歳…??それと、最終的な満月とタクトの年齢差、これどうなってるんだ…??そしてタクトの昏睡状態の期間ってどれくらいになってるの…?このあたり、設定が気になりすぎてちょっと不完全燃焼感があります。そして文月さん…軟禁はまずいよ、虐待だよ…

でもまあ気にしなくてもいいんですけどね、いいんですけど…気になるんだなーこれ。どっちかというと、ヒーローとヒロインは年齢近いほうが安心感が出ます。年齢の遠い主人公だちだと背徳感みたいなのが強かったりしてぞわっとする時があるので。 

自殺した者の魂が死神になるというのが少し重い

タクト、めろこ、いずみは、みな自殺して死神になった者たち。ファンタジーで考えると、まあいいんですけどね。どうしても現実というかなんというか…自殺ってディープな話題でよくりぼんに載ってたなーだいぶディープです。そして英知君…君もね!!主人公以外いないんだよ??はたからは見えないから一喜一憂の想像はしたくない(笑)。ファンタジーだわー種村さんのマンガはファンタジー多し。

それをね、死神じゃなくて天使と呼ぶというフレーズは、決まってたんだろうと思うんですよ。迷える魂を点から迎えに来てくれるっていうやつね。それで暗―い要素を一気に払しょくするというあたり、ここの展開はよかったです。全部が明るくなったので。その後の死神衣装も様変わり。名前が変わっただけで生まれ変わるもんですね。

ただね、自殺したときのシーンは、ブラック要素満載でした。いずみなんて本当にかわいそうでかわいそうで…こんな母親いますからね、本当に。怖い展開です。ここでも、

愛してあげられなくてごめんね…

っておい!!自分から逃がしてあげなくちゃって何なんだろう。このあたり、私の感覚とはずれてるなーと思いました。自分が汚れたくないだけやんってね。全部子どもに解決させておいおい。そんな親はさすがに…ショックですね。ただ、いずみが満月に母親を重ねて、めろこを愛そうとしている姿は共感できるものがありました。信じるものが決められなくて、試してしまう…大好きなのに、信じられない。完全に母親のトラウマだけど、めろこもそれをわかってて、好きでいてくれたんですからね。

めろこに関しては、恋愛のもつれの及ぼす最悪の展開が詰まってます。恐ろしや…とりあえずめろこが記憶を持ったうえで、それでも文月さんという人を大好きで、お互いの心が自由になったときは、うれしい気持ちでいっぱいになりました。

ジョナサンと死神マスターのところは、もうちょっと関係性の情報ほしかったなーよくわからないけど、二人はいい感じらしい、うん。そして最終的には消滅してしまったし、結構重要なポジションかなと思っていたので、消滅してしまったことは少し悲しい…死神の世界は残る手のものにゆだねようみたいなのも、その後天使として働くことを選び出すんだろうけど、めろこといずみの服装だけじゃなくて、もう少しなんか描写があったら、すっきりできた気もします。 

英知君…

英知君…あなたほどかわいそうな人っていないよ。満月が好きで想い伝えてさ、飛行機事故でさようならはないでしょうよ。暗い…暗すぎる…ところどころギャグがかかれているのに暗すぎる…英知君がね、死んじゃってるって認めないで、死んでも怖くないよだってあなたに会えるから…みたいなくだり。暗い…。個人的には、小学生の恋路はあまり見たくないところがあります。リアルな想像をしたくないのと、高校生とは違うわけだし、そんな幼い年齢では厳しいと思うんですよね、恋愛っていうのは。

そんな暗さの中でも、英知君がずっと満月のそばにいてくれた英知君が、本当の意味で別れなくてはならなくなったとき、幸せを願って消えていく…この描写は、英知君のことを最後まで忘れずにいて、それでいて進んでいくんだなと思わせてくれました。絶対に忘れない。しかし!!ここから怒涛のタクト舞台!もうこれは嬉しかったです。設定はいろいろ横に置いておいたとして、ですけどね?もちろん。

タクト最高

毎日毎日夢をみる。こんなに近くにいるのに…

うわーうわータクトー!!!!これだけ愛情をもらって、揺れ動かない女はいない。満月。罪悪感はいだかなくていいよ!!タクトと光との話は、光があまりにかわいい絵で描かれいたので、ちょっとぐらっとしてしまいました。タクトの髪も敢えて短く描かれてて、これまた普段よりかっこいい描写だったので…お似合いだなと。でも光がだいぶ困らせ女子だったので、気持ち的にはすっきり。満月のもとに戻ってくれてよかったです。

そしてクライマックスにかけては、満月の歌で締めくくられているのも感動的だったし、めろこといずみの服が変わって天使になってたし、タクトがリアル世界に登場できたし。タクト登場で素直に負けを認めたバンドメンバーはちょっとよくわからないけどね…

タクトと葵のお話は、もっと見たかったな~あと、タクトは幼稚園児の満月にすでに心落ちていた可能性も…いや、それだと犯罪か…でもそう思わずにはいられませんでしたね。ファンタジーだしアリでもいいかなって。番外編の死神の世界にいるときのめろことのサイドストーリーはやばかった。このときうまくいってたら、満月のこと知らずに死神の世界で楽しくやっていくことになってたかと思うと困る。

個人的にはまどかのハッピーエンドが魅力

本当に個人的な意見なんですけど。満月のライバル、まどかっていいですよね。性格的には難ありっぽいんですけど、夢をかなえるため、整形して、努力でつかみとろうとしてるあたり、だいぶ共感が持てます。お相手の那智くんも、見てくれを変えて芸能界に入り込んでまでまどかと一緒になりたいって…だけど正体は相思相愛になってから明かすという…ファンタジーだ…一瞬満月のことが好きなのかフラグでしたけど、そうではなくてよかったですね。これ以上関係性がごっちゃりしてくると疲れるので。とにかく那智くんはまどか一筋。そのきっかけとなったであろう子どものころのエピソードも明るくていい話でした。豚のぐっちゃんは、まどかの死神代わりのキャラクターだったのかなーと思うのですが、まどかにとっては辛いとき・楽しいとき、どちらのときでもいてくれる唯一の存在だったでしょうから、役割はでかかったです。ぐっちゃんいなきゃ那智くんとの仲だって進展してないかもしれないし。

最終的には、主人公たちもしっかりとハッピーエンドに落ち着いてくれました。そうなるとは思ってはいましたけれどね。タクトの半人前だったエピソードや、満月が変身していた姿より若くなっているのに自然と馴染んでしまったあたりは、ちょっと展開早いなー…という感じはしました。それでも、死神から天使への転換、自分に訪れるはずだった命日の消失など、最後はうまくすっきりした感じで終わったので、よかったなーと思います。

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

他のレビュアーの感想・評価

死神と生きている人が結ばれるにはこうなる

死ぬ間際に会いに来てほしいいやむしろね、こんなかわいい人たちが命を取りに来てくれるなら、来てほしいなって思ったわ。壁からみょーんとやってきてくれるあのタイミングもまた、印象深い。死ぬはずだった満月の運命は、めろことタクトに出会ったことによって変わった。影響しあい、闇に向き合い、タクトが満月をフルムーンに変身させている間は病気も進行しなかったという奇跡。命を狩りにきたはずが、結果的には救ってくれた。それなら死神ではなく、やっぱり天使なんだろう。死にゆく魂を迎えにやってくる死神たち。死神は、自殺した魂が冥府で与えられる仕事。記憶を失った状態で、命を狩る仕事をするのが死神。まぁ記憶を取り戻したとしても仕事はなくならないらしいけどね。それならどのタイミングで彼らは役目を終えるんだろう…冥府の長ミスティアと部長さんが力を使って消滅する道を選んだけれど、天使として新たな役割を見出した冥府で、これか...この感想を読む

4.04.0
  • kiokutokiokuto
  • 62view
  • 3088文字
PICKUP

大人でも子供でも楽しめる作品

大人になってからも楽しめる作品私がこの作品を初めて読んだのは小学生の頃でした。すごく大好きで大人になってからふと本屋で見かけてまた読みたいなと思い購入し、子供の頃とはまた違った視点でこの作品の良さに気づけたと思います。この作品の魅力のひとつとして主人公の心情などが鮮明に描かれてるんですよね。激しい気持ち、もどかしい気持ち、純粋な気持ち、主人公の様々な心情に思わず感情輸入してしまい大人になってもうるって来るシーン多数あったと思います。シーンによって使われる比喩表現この作品では主人公の心情を鮮明に読者に伝えるため、比喩表現が場面場面使われてるんですよね。それがこの作品独自の魅力のひとつだと思います。言葉はで比喩表現だけでなく、人魚姫のシーンも私は大好きでお気に入りです♪神様、これも愛だと言うのですか…あのシーンほんとぐっと来ちゃいました。上手いなぁって思いましたね。とにかく登場人物が魅力的...この感想を読む

4.54.5
  • あんぬあんぬ
  • 45view
  • 1015文字

切なさの中にある暖かさに触れてください

自分の考え方を変えてくれた作品私がこの作品に出会ったのは、この作品の作者である種村有菜が好きだったという単純な理由でした。この作品が連載されていたのは、「りぼん」という雑誌であり、なんとなく見るという感じで最初は見ていました。しかしいつの間にか私にとって目が離せないお気に入りの作品になりました。私はこの作品に恋をした理由はおとぎ話などの独特の解釈があるところです。人魚姫をテーマに歌をつくるというお話で、主人公である満月が人魚姫になりきって歌を歌うというストーリーでした。王子様のこと愛しているが、自分が泡になってしまう、その葛藤する人魚姫の気持ちを考えたコマがあり、とても切なくなり、昔見ていた童話をまた見直してみたいと感じました。そしてああ、そんな感情が確かにあったのかもしれないと童話を違った見方でみることができました。また細かな内容だけではなくこの作品の中に描かれているネコやウサギ、イ...この感想を読む

4.54.5
  • あざみあざみ
  • 121view
  • 1101文字

感想をもっと見る(4件)

関連するタグ

満月をさがしてを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

満月をさがしてが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ