モールスのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

モールス

3.753.75
映像
4.00
脚本
3.75
キャスト
4.00
音楽
3.75
演出
3.50
感想数
2
観た人
3

モールスの評価

総合評価
3.753.75
(2件)
映像
4.004.00
脚本
3.753.75
キャスト
4.004.00
音楽
3.753.75
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

モールスの感想

投稿する

吸血美少女ストーリーの切なさの原点

真っ白な雪が降り続く田舎町。共同の中庭を囲むように建つ集合住宅に、母親と住むいじめられっ子の少年オーウェン(コディ・スミット=マクフィー)は、ある夜、隣部屋に引っ越してきた同年代の少女アビー(クロエ・グレース・モレッツ)が、冷たい雪が敷き詰められた中庭を裸足で歩いているのを見る。孤独なふたりはやがて惹かれ合うようになり、互いの部屋の壁を叩いてモールス信号を送ることで、秘密の会話をする。同じ頃、体中の血を抜かれる猟奇殺人が連続し、それを追う刑事はアビーに保護者トーマスに目を付けるが。米国版の本作(2010年公開)に先立って、原作小説の国スウェーデン版(2008年)「ぼくのエリ 200歳の少女」が制作されている。日本で入手可能なDVDでは両作の内容は同じ、と言っていいのだが、バンパイヤ美少女ヒロインのキャラが大きく違う。スウェーデン版は原作通りエリと言う名だが、彼女は実はカストラート(ボーイソプラノを保...この感想を読む

3.53.5
  • kei3141kei3141
  • 79view
  • 1000文字
PICKUP

モールスに関連するタグ

モールスが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ