パンドラの匣のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

パンドラの匣

3.003.00
映像
3.50
脚本
3.00
キャスト
3.00
音楽
3.50
演出
3.00
感想数
1
観た人
1

パンドラの匣の評価

総合評価
3.003.00
(1件)
映像
3.503.50
脚本
3.003.00
キャスト
3.003.00
音楽
3.503.50
演出
3.003.00

評価分布をもっと見る

パンドラの匣の感想

投稿する

往年の太宰治をおもう

「パンドラの匣」はこんな作品この作品は、太宰治の小説、「パンドラの匣」を原作とした映画です。1945年の戦後まもない日本を舞台に、結核を患い、隔離病棟で集団生活を送る青年、「ひばり」の目線で物語が語られていきます。音楽や画面の撮り方が、お洒落でモダンな雰囲気があり、太宰治の作品の雰囲気にピッタリだと思いました。隔離病棟の様子と言えば、結核という、死に繋がる病を皆患いながら、不思議と陽気で楽しげな雰囲気があります。闘病の苦しい様子などは一切ありません。かわいらしい看護婦達や、同室の人々の様子が、ユーモアを交えて語られていきます。「新しい男になる」という意味は何か主人公のひばりは、事あるごとに、「新しい男になる」という命題を己に課します。新しい男、とは何を意味するのでしょうか。新しい男とは、やはり戦前の精神を捨てた人、ということなのだと思います。ひばりは結核を患い、出兵できず、日々を暗澹として...この感想を読む

3.03.0
  • naonao
  • 12view
  • 2006文字
PICKUP

パンドラの匣に関連するタグ

パンドラの匣を観た人はこんな映画も観ています

パンドラの匣が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ