ヴァン・ヘルシングのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ヴァン・ヘルシングのあらすじ・作品解説

ヴァン・ヘルシングは2004年公開のアクション・ファンタジー映画である。 1880年代の後半のヨーロッパ。バチカンの秘密組織から密命を受け不死身のモンスターハンターとしてモンスターを狩る男ヘルシング。彼はその所業から各地でお尋ね者となっていたが一方では聖者とも呼ばれた。パリで悪行を行っていたジキル博士ととハイド氏を退治したヘルシングはヴァチカンから新たな密命を受けトランシルバニアに向かう。その地には長きにわたり邪悪な力で世界を手中に収めようと企むドラキュラ伯爵が統治していた。ヘルシングは相棒である武器発明のエキスパートで修道士のカールとともにトランシルバニアに赴き、ドラキュラと戦い続けるヴァレリアス一族の末裔アナ王女と出会い共通の敵であるドラキュラを倒すべく行動を共にする。そんな中ドラキュラの世界征服の鍵でもある人造人間のフランケンシュタインが彼の手に落ちたことを知る。そんな彼を救出してドラキュラの世界私服を阻止する物語である。

ヴァン・ヘルシングの評価

総合評価
4.304.30
(5件)
映像
4.204.20
脚本
3.803.80
キャスト
4.304.30
音楽
4.104.10
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

ヴァン・ヘルシングの感想

投稿する

感想をもっと見る(5件)

ヴァン・ヘルシングに関連するタグ

ヴァン・ヘルシングが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ