東京タワーのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

東京タワー

4.234.23
映像
4.50
脚本
4.23
キャスト
3.77
音楽
4.67
演出
4.13
感想数
4
観た人
4

東京タワーの評価

総合評価
4.234.23
(4件)
映像
4.504.50
脚本
4.234.23
キャスト
3.773.77
音楽
4.674.67
演出
4.134.13

評価分布をもっと見る

東京タワーの感想

投稿する

大人の愛

はじめにこの作品は「大人の愛」をテーマにしており、男女関係の縺れ、あるいは嫉妬などをうまく描いている。恋愛モノとはいっても豪華キャストによる熱演が見られるため非常に心に染みる一作となっている。透サイドでは......それではまずメインである詩史と透について見ていく。私はこの二人に関して、所謂一方通行の愛ではないことに大変驚いた。というのも序盤、高嶺の花のような存在である詩史をひたすら追いかける透、といった設定で描かれているように感じたためでる。例えば作中で引用されていた、「電車で乗り過ごし、隣の駅に行ってしまう」という表現を見てみよう。これはなぜ詩史が電車に乗っているという設定なのか。つまり、詩史がなんとなく歩いていたら隣街に来てしまった、というような設定では何がだめなのか。それは、詩史が「主体的に透を愛していない」ということを示唆させるためではないかと思うのである。つまり、自分で歩いて透の...この感想を読む

4.94.9
  • ミッチミッチ
  • 30view
  • 3022文字
PICKUP

最高に美しく甘く、そして悲しい物語

ただ美しい、それだけでも見られるシーンたち私はこの映画を高く評価した。しかしこの映画が見る人によって多少評価の分かれるものだということは知っている。なぜなら、しつこいほどきれいな映像や甘すぎるストーリーを苦手とする人たち、また不倫というテーマ自体に嫌悪感を抱く人などがいるからだ。ただそれはただの好き嫌いの話で、私からすればそれは最早良さであるし、つまりこの映画が良い悪いという批評については、批判的な人とこれ以上論じることは出来ないのだ。それだけに残念である。これほどまでに美しくて甘い、そして物悲しい映画を彼らに理解してもらえないことが。宮崎駿は、ストーリーよりもその一瞬一瞬を感動するシーンとして作っていくことこそ映画だといった。そういう意味ではこの作品はまさしく「映画」だ。映画というものが映像と音楽によるものならば原作は江國香織の小説「東京タワー」である。時に小説家は自分の作品が映像化...この感想を読む

4.54.5
  • BSイレギュラーズBSイレギュラーズ
  • 33view
  • 2046文字

感想をもっと見る(4件)

東京タワーの登場キャラクター

浅野詩史

よみがな:あさのしふみ ニックネーム:しふみさん 年齢(作品時):41歳 性別:女性 住まい:夫と二人暮らし 性格:上品で洗練された大人の女性 特徴:夫との関係も大事にしている 趣味:音楽鑑賞 特技:青山の一等地でセレクトショップを成功させている 癖:手を繋ぐのが好き

東京タワーに関連するタグ

東京タワーが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ