催眠のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

催眠

4.504.50
映像
4.50
脚本
3.50
キャスト
5.00
音楽
3.50
演出
5.00
感想数
1
観た人
2

催眠のあらすじ・作品解説

元催眠術師という経歴を持つ松岡圭祐の同名小説を原作とした、1999年に公開された日本のサイコ・サスペンス映画。監督は「感染」「呪怨-終わりの始まり-」の落合正幸。脚本は同監督と「犯人に告ぐ」「容疑者Xの献身」の福田靖。主題歌はSajuの「deep inside」。 都内であまりに不自然な連続変死事件が相次ぎ、捜査を担当した櫻井刑事は被害者が最期に残した”ミドリの猿”という言葉に着目。心理カウンセラーの嵯峨に協力を要請し、催眠暗示を受けたのが原因ではとの意見を得る。後日、TV番組の催眠ショーで被験者がその言葉をつぶやくのを目撃。2人は催眠術師実相寺と被験者入絵由香に会い、嵯峨は彼女が多重人格者と判断、彼女の過去を調査するが…。 嵯峨を「パラサイト・イヴ」「笑いの大学」の稲垣吾郎、由香を「富江 tomie」「Dolls ドールズ」の菅野美穂、櫻井を「死に花」の宇津井健、実相寺を「UDON」の升毅が演じている。他に大杉漣、小木茂光、高橋克実、堀部圭亮、でんでん、安藤裕子、木村多江など。

催眠の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
4.504.50
脚本
3.503.50
キャスト
5.005.00
音楽
3.503.50
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

催眠の感想

投稿する

催眠に関連するタグ

催眠が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ