ブタがいた教室のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ブタがいた教室

4.754.75
映像
4.50
脚本
4.75
キャスト
4.50
音楽
4.50
演出
5.00
感想数
2
観た人
2

ブタがいた教室の評価

総合評価
4.754.75
(2件)
映像
4.504.50
脚本
4.754.75
キャスト
4.504.50
音楽
4.504.50
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

ブタがいた教室の感想

投稿する

子ブタのPちゃんが教えてくれたこと

生き物の命について考えさせられたストーリー、実話が元になっていたある小学校での出来事を描いています。実際にあった話だと聞いていたので、どんなものかとドキドキしながらこの作品を見ましたが、見終えた後は、心が非常に重たい気分になりました。これで良かったのだろうか、もっと他に方法があったのではないかとも思いました。この授業を行った学校、担任の先生、クラスの子供たち、みんなが本気で考えさせてくれた事に感謝しました。食べる事の意味、食べ物の有り難さ、生き物の命、食べるための命、ペットとしての命、担任の先生には難しい問題を題材とした教育をしてくれたと思います。もし自分がそのクラスにいたら私はブタとどのように接していけばいいのか分かりません。悩み続けてどんな結論を出すか、本当に難しい問題です。担任の星は、ある日子ブタを学校に連れてきて、クラスで育てようとびっくりするような提案しました。その提案に反対...この感想を読む

4.54.5
  • りかりか
  • 62view
  • 2037文字
PICKUP

ブタがいた教室の登場キャラクター

高原校長先生

星先生

甘利花

キャラをもっと見る(6件)

ブタがいた教室の名言

この円柱、上から見たら円、横から見たら長方形。こうやって、普段見慣れているものも、いろんな角度から見れば、いろんな物に見えてくる。広い視野を持つことが大事。

星先生

6年2組の算数の授業で、星先生が生徒たちに話している。

学校の授業というものは、担任の先生と生徒たちの信頼関係で成り立つものです。

高原校長先生

ブタを飼い始めた6年2組の保護者たちが、学校に抗議をしにやって来た。校長室で話をする星先生と保護者たち。新任の星先生を応援する高原校長先生が、保護者たちを説得する。

何が正しいか、間違っているかは、ありません。いろんな意見があっていいんです。

星先生

6年2組の卒業まであと149日となり、ブタのPちゃんを今後どうするか、食べるのか、食べないのか、クラスで話し合うことになった。

名言をもっと見る(12件)

ブタがいた教室に関連するタグ

ブタがいた教室が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ