アンダーワールドのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

アンダーワールドのあらすじ・作品解説

アンダーワールドは2003年に製作されたアクション・ホラー映画である。 数百年にもわたって戦い続けてきた吸血鬼一族ヴァンパイアと狼男一族ライカンだったが、戦いはヴァンパイア側の勝利に終わろうとしていた。 だがある日、優秀なヴァンパイアの女戦士セリーンは不穏な動きを見せる二人組のライカンたちを追跡する。そのうち一人のライカンを倒すが一人を取り逃がしてしまう。そのことをヴァンパイアのリーダーを代行するクレイヴンに報告するが、長老のヴァンパイアを目覚めさせる儀式「復活祭」の件で忙しいとの理由で取り合ってもらえない。セリーンは現場の映像からライカンたちがある一人の人間の青年を追っていたことに気付く。クレイヴンの命令を無視し人間の青年マイケルの住むアパートに向かう。だがアパートでライカンたちに襲われ、セリーンのとっさの判断により、マイケルを助けて逃走するが逃走の際にマイケルはライカンたちのリーダーのルシアンに肩を噛まれてしまう。

アンダーワールドの評価

総合評価
3.673.67
(3件)
映像
3.673.67
脚本
3.333.33
キャスト
3.673.67
音楽
3.333.33
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

アンダーワールドの感想

投稿する

ヴァンパイアの掟とライカンとの因縁

掟がいろいろあるヴァンパイア族狼人間(ライカン)とヴァンパイアの先祖はアレキサンドリアス・コルビナスで、その息子3人のうち一人が狼にかまれライカンに、1人がコウモリにかまれヴァンパイアとなりました。長老3人のうちマーカスが最初のヴァンパイアとなります。掟では交代で1世紀ごとに1人が起きて、2人が眠るときめられていました。次はマーカスが目覚める番で、そのために復活祭の準備が行われるところでした。ヴァンパイア族にはいろいろな掟があり、それを何世紀にもわたって守っていることで滅びずにすんでいると言われていました。敵であるライカンとの接触や、長老の復活は長老が行わなければならない、人間を襲ってはならないなど、このほかにも細かい掟がいろいろあるようでした。ライカンとなったマイケルと共に行動していたことと、次の復活はマーカスであったにもかかわらず独断でビクターを復活させてしまったという二つの掟を破ったセ...この感想を読む

5.05.0
  • kilyoukakilyouka
  • 127view
  • 2003文字
PICKUP

アンダーワールドに関連するタグ

アンダーワールドが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ