ダーティハリーのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ダーティハリー

4.504.50
映像
3.75
脚本
3.50
キャスト
4.00
音楽
3.25
演出
3.75
感想数
2
観た人
2

ダーティハリーのあらすじ・作品解説

ダーティハリーは1971年公開の、ワーナー・ブラザーズ配給による映画である。 度々続編を製作された人気アクション作品であり、1988年に公開された「ダーティハリー5」までの5作品によるシリーズの第1作である。 この作品は刑事と狂気的な犯罪を繰り返す連続殺人犯との攻防を描いたポリス・アクションで、信念を持つゆえに時には暴力も辞さない刑事が、若手刑事である相棒とともに、時に激しい戦いを繰り広げ時に犯人の罠にはまりながら犯人を追いつめていく姿を描く。 当時「荒野の用心棒」などのマカロニ・ウェスタンを中心に出演していたクリント・イーストウッドが主役として一筋縄ではいかない皮肉屋な刑事を演じ、その後のシリーズでも長きにわたって同役を演じ続けた。 監督は1968年公開の「マンハッタン無宿」や「真昼の死闘」などでクリント・イーストウッドと関係を築いていたドン・シーゲルである。 世間に多くの影響を与えた作品でもあり、精神分野では「ダーティハリー症候群」という俗語が誕生した。

ダーティハリーの評価

総合評価
4.504.50
(2件)
映像
3.753.75
脚本
3.503.50
キャスト
4.004.00
音楽
3.253.25
演出
3.753.75

評価分布をもっと見る

ダーティハリーの感想

投稿する

刑事アクション映画のジャンルを革新的に飛躍拡大させた伝説的な作品 「ダーティハリー」

「ダーティハリー」は、"刑事アクション"というジャンルを革新的に飛躍拡大させた伝説的な1本だ。もし仮に、"刑事アクション・ベスト10"というものがあれば、この映画は間違いなく、ベスト3までには必ず入る作品だと思う。この傑作に加え、この映画の先駆的な役割を果たした、スティーヴ・マックィーン主演の「ブリット」、あるいは「ダーティハリー」と同時期に公開され、これまた伝説的なジーン・ハックマン主演の「フレンチ・コネクション」。この3本は"刑事アクション"に新風を吹き込んだ御三家であり、これらの映画が公開された時代を、"刑事アクション映画ルネッサンス"と呼んでもいいと思う。マカロニ・ウエスタンでスターとなって本国アメリカに凱旋したクリント・イーストウッドが、「殺人者たち」などのハードボイルド活劇に定評のあったドン・シーゲル監督と初めて組んだのが「マンハッタン無宿」。ニューヨークにやって来たアリゾナの保安官が、...この感想を読む

4.04.0
  • dreamerdreamer
  • 24view
  • 2273文字
PICKUP

ダーティハリーに関連するタグ

ダーティハリーが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ