トーチソング・トリロジーのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

トーチソング・トリロジーのあらすじ・作品解説

俳優/作家/歌手であるハーヴェイ・ファイアスタイン原作/主演でトニー賞を獲得した同名の舞台劇を、自らが脚本を書き、主役のアーノルドを演じ映画化した、1988年公開のアメリカのコメディ映画。監督は、本作が代表作のポール・ボガート。登場人物はみな優しく心癒される珠玉作である。 ゲイのショーパブを経営する女装ゲイのアーノルドは、かすれ声で恋歌を歌いながら、今日も今日とて若いバイセクシュアルのエドに入れあげ、捨てられたばかり。そんな時現れたのは若く可愛らしいゲイのアランで、アーノルドの人間性に魅かれた彼はアーノルドと恋に落ちる。小さなアパートで幸福で穏やかな愛を育む2人だったが、ほどなくしてアランは、ゲイを嫌うチンピラに襲われ死亡してしまうが…。 アランを「レディホーク」「フェリスはある朝突然に」のマシュー・ブロデリック、アーノルドの生き方を認めない母親を「奇跡の人」「アグネス」のアン・バンクロフト、エドを「ジャック」のブライアン・カーウィン、エドの妻を「バーディ」のカレン・ヤングが演じている。

トーチソング・トリロジーの評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
5.005.00
脚本
5.005.00
キャスト
5.005.00
音楽
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

トーチソング・トリロジーの感想

投稿する

トーチソング・トリロジーに関連するタグ

トーチソング・トリロジーが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ