ウォー・ゲームのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ウォー・ゲームのあらすじ・作品解説

ウォー・ゲームは1983年、監督ジョン・バンダム上映時間1時間45分。北米で上映されたSFサスペンス映画である。 コンピューターに詳しい高校生のデビット・ライトマン(マシュ・フロデリック)が、ゲーム開発会社のコンピュータに接続したつもりで始めた架空の核戦争、実は侵入していたのは北アメリカ航空防衛司令部(NORAD)に設置された核戦争シミレーターでコンピューター制御上の核戦争の危機を引き起こしてしまうというストーリーである。NORADの司令官ジャック・ベリンジャー将軍(バリー・コービン)はデビットの協力を得て、核戦争阻止に奮闘する。 この映画の公開前後、実際に軍のコンピューターが誤作動を起こし核爆弾発射の危機に陥る出来事も相まって話題となった映画でもある。実際にこのようなハッキングで核戦争が起こるのかという問い合わせにNORADはハッキングは不可能と回答しているが、ボタンひとつ、誤作動のひとつで起こり得るかもしれないという危機感を持たせるような作品である。

ウォー・ゲームの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
4.004.00
脚本
2.502.50
キャスト
3.503.50
音楽
2.502.50
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

ウォー・ゲームの感想

投稿する

ウォー・ゲームに関連するタグ

ウォー・ゲームが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ