ココ・シャネルのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ココ・シャネルの評価

総合評価
4.504.50
(2件)
映像
4.004.00
脚本
4.254.25
キャスト
4.254.25
音楽
4.004.00
演出
4.254.25

評価分布をもっと見る

ココ・シャネルの感想

投稿する

香りを選ばない女に未来はない というシャネルは香水を売っている

2008年公開 アメリカ・イタリア・フランス合作映画。原題:COCO CHANEL 監督:クリスチャン・デュゲイ出演:シャーリー・マクレーン このシャネルの伝記物を見るなら合わせて見たい「シャネル&ストラヴィンスキー」と「ココ・アヴァン・シャネル」である。ココの晩年を演ずるシャリー・マクレーンは若いころから娼婦を演じるとドンピシャリと聞いたことがある。フランスと言う国はフランス革命からこっち、出るものは打たれる式の社会である。この国は三原則あり、友愛、リバティ、公平である。ココは自分で自分の名を選び、強い男に贔屓にされて、自分の意思を通していく、が、生まれが生まれだから、突き抜けて出世しないと本当の自己選択が出来ない。やってきたことと、自己イメージと社会から見られるイメージがこれだけ違う人は、面白い。シャネルのお針子にストライキを起こさせてしまうところが、含み笑いできる。この感想を読む

5.05.0
  • 40view
  • 391文字

ココ・シャネルに関連するタグ

ココ・シャネルが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ