茄子 アンダルシアの夏のあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,469件

茄子 アンダルシアの夏

4.504.50
映像
4.67
ストーリー
4.00
キャラクター
4.17
声優
4.17
音楽
4.50
感想数
4
観た人
4

茄子 アンダルシアの夏のあらすじ・作品解説

茄子アンダルシアの夏は2003年の夏休みシーズンにアスミック・エース社の配給で公開されたアニメーション映画である。全編47分と他のアニメ映画と比較しておよそ半分の時間となっている。 原作は黒田硫黄氏の短編マンガ集「茄子」に登場する「アンダルシアの夏」というエピソードである。主人公のペペ・ペネンヘリはチームとして自転車の世界レース参加中スポンサーから解雇通告を受け、また、道中差し掛かった故郷の村では自分の兄と恋人の結婚式を目の当たりにする。彼の複雑な思いとプロのレーサーとしてレースに取り組むさまが描かれている。 監督にはスタジオジブリ作品で作画監督を努め、宮崎駿の右腕とも言われた高坂希太郎を初めて起用、第56回カンヌ映画祭の監督週間に初めて選出された作品となった。主人公のペペ役にはジブリ作品でも声を担当した経歴がある俳優の大泉洋が起用されている。 2007年10月24日には続編となる茄子スーツケースの渡り鳥がOVAにて発売された。

茄子 アンダルシアの夏の評価

総合評価
4.504.50
(4件)
映像
4.674.67
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.174.17
声優
4.174.17
音楽
4.504.50

評価分布をもっと見る

茄子 アンダルシアの夏の感想

投稿する

地元愛と自転車ロードレース

茄子の存在タイトルにもなっている茄子。最初は正直なんで茄子なんてタイトルに入っているんだろうって思いました。視聴を開始しても物語も何の関係もなさそうでしたしね。でも最後のペペはこやって食べるんだよって食べるシーンで全て納得しました。アンダルシアという土地に対する愛がいっぱい詰まっているのが茄子なのだと!茄子のアサディジョ漬けとっても美味そうでしたね。こういうアニメにでてくる食べ物って実際食べてみたくなります。それほどおいしそうに描けて表現できているアニメはとても良いものです。まだ珍しい題材最近では弱虫ペダルなどの影響で知名度も上がった自転車ロードレース。まだこの作品が公開された2003年当時は珍しかったんじゃないでしょうか!迫力あるレースの描写も素晴らしいんですが、何よりも私がお気に入りなのは試合の実況とテレビ画面のような表現!本当にこちらもテレビでレースを見ているようなそんな臨場感があり...この感想を読む

3.53.5
  • ころなころな
  • 44view
  • 1020文字
PICKUP

感想をもっと見る(4件)

茄子 アンダルシアの夏に関連するタグ

茄子 アンダルシアの夏を観た人はこんなアニメも観ています

茄子 アンダルシアの夏が好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ