魔術士オーフェンはぐれ旅のあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,114件

魔術士オーフェンはぐれ旅

5.005.00
画力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
1

魔術士オーフェンはぐれ旅のあらすじ・作品解説

魔術士オーフェンはぐれ旅は秋田偵信著・イラスト草化河遊也でおくるライトノベル。魔術士オーフェンシリーズのうちのひとつであり、もう一つは1話または2話読み切りの「魔術士オーフェン・無謀旅」 全体的にコメディタッチで描かれる「無謀編」とは異なり「はぐれ旅」はシリアスなストーリー展開である。本編全20巻、短編全13巻、新シリーズ既刊9巻が販売されている。1998年10月から1999年3月に東京放送(現:TBS)で2期に分けてアニメ化。テレビアニメ2期は「魔術士オーフェンRevenge」とタイトルが変わっている。 2001年2月には富士見ファンタジア文庫を代表するもう一つの作品である神坂一著作のスレイヤーズとコラボレーションし「スレイヤーズVSオーフェン」を発表している。 シリーズ公称発行部数は1000万部。2003年に完結したが、2008年より作者公式サイトにてキャラクター名はふせられているが「あいつがそいつでこいつがそいつで」というタイトルではぐれ旅の後日談が掲載されている。

魔術士オーフェンはぐれ旅の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
画力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
5.005.00
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

魔術士オーフェンはぐれ旅の感想

投稿する

魔術士オーフェンはぐれ旅に関連するタグ

魔術士オーフェンはぐれ旅を読んだ人はこんな漫画も読んでいます

魔術士オーフェンはぐれ旅が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ