木更津キャッツアイのあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,143件

木更津キャッツアイ

4.954.95
映像
4.00
脚本
4.50
キャスト
4.83
音楽
4.50
演出
4.88
感想数
4
観た人
9

木更津キャッツアイのあらすじ・作品解説

木更津キャッツアイは、2002年01月18日から2002年03月15日 にかけて、TBS系列の金曜ドラマ枠で放送された日本のドラマである。 主演は岡田准一、脚本は宮藤官九郎である。千葉県木更津市を舞台に草野球チーム「木更津キャッツ」の面々が度々「木更津キャッツアイ」と名乗りながら犯罪行為を行うが、岡田准一演じる主人公の「ぶっさん」こと田渕公平が悪性リンパ腫により余命半年と宣告されつつも、仲間と共に変わらぬ日々を過ごす様子をコミカルに描いた作品である。 平均視聴率は10.1%、最高視聴率は13.4%とあまり芳しくはなかったものの、根強いファンを多く持ち、2003年と2006年に映画化もされた。2006年11月23日には木更津市よりドラマ中の登場人物に市民栄誉賞が贈られた他、木更津名物の踊り「やっさいもっさい」は、このドラマに出て来た事によって全国的に有名となった。主題歌は嵐の「a Day in Our Life」である。

木更津キャッツアイの評価

総合評価
4.954.95
(4件)
映像
4.004.00
脚本
4.504.50
キャスト
4.834.83
音楽
4.504.50
演出
4.884.88

評価分布をもっと見る

木更津キャッツアイの感想

投稿する

受験勉強そっちのけで観てました

いきなり主人公が死にそう!!タンカで運ばれているシーンから始まる、そこから過去を振り返っていくような流れになっている、冒頭でなぜそうなったのかとても気になる。観始めたときはこのドラマの内容が何かを盗む・・・みたいな情報でしかなかったが、冒頭から受験勉強なんかそっちのけで見入ってしまった。当時なんでこの時期にこんなに面白いドラマをやるのか・・・でも見終わった後は勉強がはかどったのを覚えている。まさに活力材のようなドラマだったな。野球をぜんぜん知らなかったがチームを作ってドラマのようなことをしたいなと何度も考えた。ノリがとても好きだった。笑いの部分に対して当時真似をしたものです、また地元ネタのようなものがふんだんに使われていたり、亜ダルティナ表現もコミカルにまとめられていたりと中3だった自分には何もかもが新鮮でした。また、氣志團をしるきかっけになったり、かなりの有名どころも出演していたりと...この感想を読む

5.05.0
  • ジャイアントGジャイアントG
  • 39view
  • 1009文字
PICKUP

すべてがつながるドラマ

こんなにも巧みな演出のドラマを、私は観たことがありません。はじめて観たときは、「なんだこのドラマは???」という感想しかありませんでした。はじめから物語が始まってて、しかもはっちゃけた感じで、なんだか身内だけで盛り上がっているようなドラマだな、と・・・。何故観始めたかと言うと、大好きな俳優陣たちが出ていたからという単純な理由で観始めました。噛めば噛むほど味が出るというとおり、観れば観るほど味が出るドラマだと思います。バラバラになっていた点がつながって線になるドラマ。演出の仕方としては、野球チームの話とひっかけて、物語を「○回 表/裏」の構成で話が進むというもの。今思えば、この演出の始まりから点は始まっていたんだと思います。主役の岡田くんは余命を言い渡されてるし、櫻井くん(個人的に大ファンですが)なんか童貞の役やっててしかもモー子が好きという・・・。ここで個人的なことを申し上げますが、私...この感想を読む

5.05.0
  • ともよんともよん
  • 46view
  • 669文字

観る度男の子に生まれてみたかったと思う

今はおばちゃんですが放映当時は女子高生でした。初めてテレビで観たときの衝撃を今でも覚えています。お、なんかテンポのいい面白そうなドラマが始まったな〜あはは笑いどころもあるし、登場人物みんな仲良くてみてて楽しいな〜〜〜・・・って、え?え??ええ!!?なに死ぬの??主役が第一話から余命宣告!?と信じられない展開になったと思ったら次週をお楽しみに〜。ですよ。どんなドラマだよ!と驚きつつも次の回を心待ちにしている自分がいました。今思うと、ぶっさんの死が迫っているという事実がいつも頭の片隅にあるからこそ、バンビ、アニ、マスター、うっちー達のなんでもない日常が、切なくもキラキラと輝いて映ってみえたのだと私は思います。で、ぶっさん死なないで〜死なないで〜と心配しながら回を進めるうちにまさかオジーが死んでしまい、当時思春期だった自分にとっては全く予想のしない角度からふいに頭を殴られたような心持ちがしま...この感想を読む

5.05.0
  • 昔のドラマ好き昔のドラマ好き
  • 27view
  • 535文字

感想をもっと見る(4件)

木更津キャッツアイの登場キャラクター

浅田美礼

性別:女 所属:木更津第二高校 性格:精神的に不安定で生徒達(特にギャル三人組)からバカにされるごとに手帳に「殺」の字を1画ずつ書き、(ちょうど10画)完成すると「復讐」と称するイタズラまがいの子供じみているが怪我はさせない程度の嫌がらせを繰り返し慰めにしていた。ところが下駄箱にカエルを入れようと...

モー子

性別:女 国籍:日本 住まい:木更津 特徴:鼻にかかった声でしゃべるのが特徴。 特技:オカリナ 物語上での目的:実は昔から公平のことが好き。 公平との共通点:木更津への地元愛が強く東京アレルギー 相思相愛の関係:バンビ 周囲からの評判:クラスで一番のバカで誰とでも寝る尻軽女と思われている。キャッツアイの...

田淵公助

性別:男 国籍:日本 性格:病院を抜け出す公平の身代わりを引き受けるなど親バカ 特徴:都合が悪くなると逆ギレして「うぜーよ」など何故か若者言葉になる。 趣味:不安を紛らわせるために「ものまね教室」にのめり込む。 物語上での目的:公平の父親。 職業:バーバータブチを経営しているが理容師免許は持っていな...

キャラをもっと見る(10件)

木更津キャッツアイに関連するタグ

木更津キャッツアイを観た人はこんなドラマも観ています

木更津キャッツアイが好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ