タイガー&ドラゴンのあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,144件

タイガー&ドラゴン

4.504.50
映像
3.83
脚本
4.67
キャスト
4.50
音楽
4.00
演出
4.33
感想数
3
観た人
7

タイガー&ドラゴンのあらすじ・作品解説

タイガー&ドラゴンは2005年4月15日から6月24日までTBS系の「金曜ドラマ」枠で放送された連続ドラマである。このドラマは2005年1月9日に単発の2時間スペシャルドラマとして放送されており連続ドラマはその続編となっている。 主演はTOKIOの長瀬智也とV6の岡田准一の二人で、長瀬が子供の頃に両親を自殺で亡くし笑いを忘れてしまったヤクザの山崎虎児を演じ、岡田が落語家林家亭どん兵衛の次男で落語の天才だが裏原宿で売れない洋服屋をしている谷中竜二を演じる。 浅草で聞いたどん兵衛の高座に感動した虎児がどん兵衛に弟子入りするが、どん兵衛は虎児の所属する組から借金をしている。虎児は噺一つ覚えるごとに10万円を授業料として支払うが、それをどん兵衛が借金の返済に充てるという契約を交わし虎児は「林家亭小虎」として落語の修行を積んでいくことになる。 話は落語をモチーフとした一話完結になっており、その中でどん兵衛と竜二の確執や落語の一門、ヤクザ一家の話などがコメディタッチで描かれている。

タイガー&ドラゴンの評価

総合評価
4.504.50
(3件)
映像
3.833.83
脚本
4.674.67
キャスト
4.504.50
音楽
4.004.00
演出
4.334.33

評価分布をもっと見る

タイガー&ドラゴンの感想

投稿する

ドラマ自体が創作落語

落語ブームの火付け役このドラマは、宮藤官九郎作品でありながら比較的取り沙汰されることが少なかった作品ではないかと思う。放送されていた当時は、宮藤官九郎の新作ドラマとして話題にはなったが、放送が開始してからの視聴率は伸び悩んでいた印象がある。その理由のほとんどが、テーマが「落語」だったことに起因すると思う。おそらくこの作品を作った目的としては落語を広く世間に広めて、もっと一般的に楽しんでもらえるように、という意図があったのだと思うが、それは少しハードルの高い目的だったのかもしれない。私自身も落語に関してほとんど知識を持たずに見た当時よりも、落語についていろいろと興味を持ち出してから見た今作の方が面白いと感じた。特に古典落語なんかは、中身がほとんど決まっていて、サゲにしてもいつも同じものが話されるのに、観客はそれを愉しむことが出来る。この人はあの話をどのように話すのかな、ということや、今日...この感想を読む

4.54.5
  • BSイレギュラーズBSイレギュラーズ
  • 47view
  • 2005文字
PICKUP

落語にハマる!

この物語はヤクザの山崎虎児(長瀬智也)があるきっかけで落語家・林屋亭どん兵衛(西田敏行)の落語を聞いて感動して弟子入りを志願し弟子入りをするところから始まります。弟子入りをして「林屋亭小虎」として落語の修業を始める。ある日、「ドラゴンソーダ」という洋服店主の、どん兵衛の次男・中谷竜二(岡田準一)と出会う。師匠のどん兵衛と虎児とのやりとり、竜二と虎児の掛け合いはほんとうに聞いてておもしろい。またこのドラマは落語の世界を分かりやすく映像化してくれているため、まったく落語をしらない人でもとても分かりやすいドラマですぐ落語の世界に入っていきやすい感じがします。古典落語だけではなく、虎児は毎回自分の身に起きた出来事を落語で話すから、新たな現代風落語でとても聞いていてたのしいです。虎児が抱えるヤクザ界の悩み、家族のありかた、恋愛とは、友情とは・・・・悩みは毎回シリアスだが、シリアスな悩みをコメデイ...この感想を読む

5.05.0
  • たかこたかこ
  • 114view
  • 550文字

イケメン二人

クドカンシリーズはやはりおもしろいと思います。山崎虎児 役の 長瀬智也(TOKIO) 高座名は林屋亭小虎。歌舞伎町一”冗談が通じないヤクザ”だったが、どん兵衛に弟子入りしてからは笑いの道へ。どん兵衛の借金が完済されるまでヤクザを辞めることが出来ないため、「昼は噺家、夜はヤクザ」という二重生活を送ることになってしまうが、そのギャップがとてもおもしろかったです。口唇を舌で嘗め回す癖がとても好きでした。どん太に教えてもらった「タイガータイガーじれっタイガー」を持ちネタは今でも思い出します。とても印象に残るセリフでした。とことん不器用だが根は真っ直ぐな性格がとても好きでした。とても憎めない性格でした。谷中竜二 役の 岡田准一(V6) どん兵衛の次男。幼少の頃から落語の天才といわれ、中学卒業後にどん兵衛に弟子入りし落語一筋で将来を嘱望されていたが、とある事情により噺家(高座名は林屋亭小竜)を廃業し、もう一つ...この感想を読む

4.04.0
  • モコたろうモコたろう
  • 14view
  • 624文字

タイガー&ドラゴンの登場キャラクター

中谷銀次郎

よみがな:なかたに ぎんじろう 性別:男 性格:新宿流星会の跡取りとしてすでに将来が決まっている為に何に対しても無気力で、やや引きこもり気味である。 特徴:スカジャンにリーゼントスタイル 物語上での目的:組長の息子で二代目の座を約束されており、虎児の舎弟として修業中の身であると同時に、商学部に籍...

中谷謙

よみがな:なかたに けん 年齢(作品時):54歳 性別:男 所属:新宿流星会 性格:若い衆にヨイショされるとついつい騙されてしまう性格の持ち主。怒るとかなり迫力があるが、息子の銀次郎や娘の静にはとても甘いという父親の顔を持つ。 ポリシー:麻薬や拳銃売買を嫌っている。 特徴:人情に厚く泣き上戸で、手下の...

林屋亭どん吉

よみがな:はやしやてい どんきち 性別:男 所属:林屋亭一門 特徴:30歳の時に山手線駅員から脱サラし林屋亭一門に入門 癖:極度の女性恐怖症に陥っているため40歳独身で母と二人暮らし。それを心配するどん兵衛夫婦が何度も縁談を持ってくるが、全て断っている。 物語上での目的:10年で先輩のどん太より先に真打...

キャラをもっと見る(9件)

タイガー&ドラゴンに関連するタグ

タイガー&ドラゴンを観た人はこんなドラマも観ています

タイガー&ドラゴンが好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ